EXIT兼近大樹、大黒摩季のLINEをスルーしまくる それでも優遇され、りんたろー。「許せないですよ」

拡大画像を見る

月間50万人が使っている貸し借りアプリ「アリススタイル」の公式アンバサダーに任命されたEXIT(りんたろー。・兼近大樹)。「アリススタイル新サービス発表・EXIT公式アンバサダー就任イベント」に登場した2人が、コンビ愛を確認すべく相方を評価し合うことになった。そこで使用されたのが、アリススタイルで用いられているAliceスコアだ。「きれいさ」「やさしさ」「対応の早さ」において評価されるが、これにより取引をする際の信頼度が分かるという。

りんたろー。は兼近大樹について「きれいさ」を120点と採点。「僕は結構美容に気を遣っていますが、何もせずに素材だけでこんだけきれいというのは羨ましい」と採点理由を述べたりんたろー。は「顔も洗わないし、お風呂も入らないときもあるんですけど、一切その感じが出ない」と兼近について明かした。兼近は「本で『何もしない方がいい』と読んだことがあるんですけど、それを信じて何もせずにやってます」と説明した。

一方の兼近大樹がりんたろー。を高く評価したのは「対応の早さ」。兼近が「LINEとか僕はそんなに早くないんですけど、りんたろー。さんの返すスピードは神」と絶賛すると、りんたろー。は「違うんですよ。僕と兼近と大黒摩季さんのグループLINEがあるんですけど、大黒摩季さんを(兼近は)ずっとシカトしてるんですよ」と暴露した。「あんなに大御所で素敵な人をシカトするわけにはいかない。僕が返していくしかないんですよ」とぼやいたりんたろー。に、兼近は2人のやり取りを見ながら「うるせぇなー」と思っているとぶっちゃけてから、実は「個人LINEで『今度ご飯行こうね』と(大黒と)2人きりのやり取りはしてます」と告白した。

これに「許せないですよ」と口にしたりんたろー。は、ある出来事を思い出した。大黒摩季オススメの飲食店に行ったところ、兼近の食事代は大黒がすでに払っていてくれたそうだ。しかしりんたろー。のときは「食事が終わったら伝票が出てきて、僕はお金かかるんだ…」と待遇の違いを感じたようで「LINE返しているのは俺だぞ」と嘆きまくった。大黒が兼近をより可愛がるのは、2人に北海道出身という共通点があるからなのだろうか。

コンビ愛を確かめる企画が一転、コンビ仲が悪くなりそうな展開になったが、最後にりんたろー。は「短期間でも楽しめる物を借りられたりとか、効果を使い比べができたりするので、皆さんの生活の質をちょっとアップできるかな」と同サービスをアピール。兼近は「エコという意味においても貸し借りでどんどん使って、無駄な物を作らない・買わないというのは、素晴らしい方法。ちょっとしたSDGs気分で使って」と公式アンバサダーらしいところを見せていた。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

関連リンク

  • 9/16 16:58
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます