1得点のB・ディアス、CLリヴァプール戦黒星に憤り隠さず「とてもショックだ」

拡大画像を見る

 ミランのスペイン代表MFブラヒム・ディアスが、チャンピオンズリーグ(CL)についてコメントした。15日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 同日にCLグループステージ第1節リヴァプール戦を迎えたミランは、アウェイの地で一度は逆転に成功したものの、結局3-2で敗れた。同試合にフル出場を果たしたB・ディアスは、44分にチームの2点目となるゴールも記録したが、善戦を見せての黒星に憤りを隠さなかった。試合後、以下のように語っている。

「相手は非常にアグレッシブで強度があったため、良いかたちでスタートを切れなかった。しかしその後、我々のクオリティとインテンシティを発揮して、試合をひっくり返すことができた。それでも、後半に逆転を許してしまった。残念なことに2つのゴールを許してしまい、リードを守り切れなかったんだ」

「我々はミランとして、CLに挑戦できる実力があることを証明した。しかし、リヴァプールを相手に勝てたはずだから、とてもショックだ。腹が立っている」

 同大会におけるミランの次戦は28日、第2節アトレティコ・マドリード戦をホームで迎える。

関連リンク

  • 9/16 16:04
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます