上白石萌音、好きな作家の魅力語る「東京グラフィティ」表紙に登場

【モデルプレス=2021/09/16】女優の上白石萌音が、雑誌「東京グラフィティ」2021年10月号(22日発売)の表紙を飾った。

◆上白石萌音、伊坂幸太郎の魅力とは

「東京グラフィティ」最新号の特集は「本と映画 日本の名作 作家・監督別 BEST3」。日本にはたくさんの名作がある。今回は、日本を代表する作家、監督の作品について、熱狂的なファンにベスト3をあげてもらう企画を実施。いつの時代も愛される日本の名作を、ファンによる熱い思いとともに届ける。

著名人から一般人まで合計27名が、それぞれ好きな作家、監督のベスト3を紹介している。

上白石は作家・伊坂幸太郎を紹介。「伊坂作品に触れたことがない方に読んでほしいかな。落ち込んでるときとか、心をあたたかくしてくれると思う。毎日を楽しく感じさせてくれる作品です」と明かした。

ほか、俳優の荒川良々が伊丹十三監督、DJ&ビートメイカーのLicaxxxが寺山修司監督、アイドルの金澤朋子が作家・江國香織、映画監督の入江悠氏が、溝口健二監督の魅力を語っている。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/16 14:36
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます