【セントライト記念注目馬】ソーヴァリアント 世代最大の上がり馬が菊への道を切り拓く

拡大画像を見る

 9月20日に中山競馬場で行われるセントライト記念(3歳・GII・芝2200m)。同レースに出走予定のソーヴァリアント(牡3、美浦・大竹正博厩舎)は3歳牡馬世代屈指の“夏の上がり馬”だ。

 同馬は父オルフェーヴル、母ソーマジック、母の父シンボリクリスエスという血統。今年のヴィクトリアマイル(GI)で3着だったマジックキャッスルを半姉に持つ。通算成績は7戦3勝。

 昨年10月の2歳新馬戦でデビュー。2戦目の未勝利戦で1位入線を果たすが、レース後に禁止薬物が検出されたことにより失格処分に。その後、4戦目でようやく勝ち上がりを決めた。

 続く舞台として、皐月賞トライアルの弥生賞(GII)に駒を進めたが、ここでは4着。惜しくもクラシックの優先出走権を取ることはできなかった。

 しかし、その悔しさを晴らすかのように、夏の北海道では躍動。利尻特別(1勝クラス)を6馬身差、藻岩山特別(2勝クラス)を3.1/2馬身差で完勝し、一気に世代の注目株へと登りつめた。クラシック最後の一冠を前に、まずは春クラシック出走勢と対決するこの1戦に注目したい。

関連リンク

  • 9/16 13:15
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます