「好きだけどなぁ」男性が一緒にいて疲れちゃう女性の特徴とは

拡大画像を見る

彼に「一緒にいると疲れる」と言われたことはありませんか?女性にとっては「優しくしてほしい」「自分を受け入れてほしい」という気持ちが、男性には重荷になることもあるでしょう。
そこで今回は、男性が一緒にいて疲れる女性の特徴について解説します。


自分のペースに合わせて欲しい

彼が自分のペースに合わせてくれることが当たり前だと思っている女性は、男性にとって疲れる存在になります。一方的に愛されていることを実感したいと思っていても、相手は自分の思うようにならないもの。
自分のペースよりも相手を気遣った行動ができれば、彼も同じように気遣ってくれるでしょう。


自己主張が激しい

なんでも「私は......」と自分のことばかり主張する女性は、相手を窮屈にさせます。あまり自分の意見を主張しすぎる彼女には、彼もたまには一言言いたくなるでしょう。
そんな彼の意見にも「なんでそんなこと言うの?」と自分を否定されたように受け取る女性には、何も言い返せなくなります。


相手に共感しない

相手の話を落ち着いて聞けない女性は、思いやりに欠けていると思われがちです。男性にも、ときには聞いてほしい悩みや愚痴はあります。
そんなとき、男性はただ黙って聞いて共感してほしいと思っているだけなのです。彼女が、彼の話に共感しないで意見をしたりダメ出しをしたりすると、彼の気持ちは萎えていくでしょう。


感情的になりやすい

彼に自分の感情をそのままぶつける女性は、一緒にいると気を遣うもの。デート中にちょっと嫌なことがあると、すぐに腹を立てて怒る彼女には「怒らせないように気をつけよう」と彼はオドオドするでしょう。
腹が立ったら感情をぶつける前に気持ちの整理をつけなければ、デートも楽しめなくなります。

男性が一緒にいて疲れる女性の特徴は、自分のことばかりを大切にして、相手を思いやる気持ちに欠けていることです。そんな女性は、彼から優しくされることで自分が愛されているのかを実感しています。
優しくされた分、自分も彼を大切にする気持ちがあれば、彼を疲れさせることはなくなるでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/16 12:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます