「きたん」ではありません。「忌諱」の読み方、知っていますか?

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/246375/ )

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「忌諱」です。

「忌諱」の読み方は?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/246375/ )

「忌」を見て「きたん」と読んだ人がいるかもしれませんが、「きたん」と読む場合は「忌憚」と書き、「忌諱」とは異なります。

なお「忌憚」は

1 いみはばかること。きらいいやがること。
2 遠慮すること。多く、否定の語を伴って用いられる。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味し、「忌諱」は

いやがって嫌うこと。忌みはばかるべきこと。また、遠慮して口にすべからざる事柄。

出典元:精選版 日本国語大辞典

を意味します。

どちらも意味合いはよく似ていますが、「忌諱」は「忌憚」とは異なり、「どうぞ忌憚のないご意見を」といった“遠慮すること”を表す表現がありません。「忌諱」の多くは「忌諱に触れる」の形で用いられます。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/246375/ )

「きき」です。

辞書によっては「きい」と表されていることもあります。「諱」の読みは

音読み キ 訓読み い(む)・いみな

なのですが、「諱(き)」が「い」と慣用読みされたことで「忌諱」を「きい」とも読めるようになりました。

なお「忌」も「諱」もともに「いむ」を表します。「いむ」とは“不吉なものを避ける”、“嫌って避ける”ことです。

「忌」が先頭にくる「忌諱」が一般的ですが、「諱忌」と表すこともできます。この場合も読みは「きき」で、意味も変わりません。

 

 

関連リンク

  • 9/16 2:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます