洗剤ゼロのIoT対応スマートランドリー、スーパーアルカリイオン水の力で汚れを落とす

拡大画像を見る

 博多山氣とwash-plusは9月16日9時に、「コインランドリーwash+」志免店(福岡県糟屋郡)を新規開店する。

 「コインランドリーwash+」は、洗剤の代わりにスーパーアルカリイオン水を使用。99.9%が水なので洗剤の溶け残りや香料による刺激の心配がなく、赤ちゃんやデリケートな肌の人に適しており、長時間肌に触れる肌着やシーツも安心して洗える。
 スーパーアルカリイオン水は、アルカリイオンが汚れをしっかりと包みこんで落とし、消臭除菌効果も発揮するなど高い洗浄力を備えている。
 なお、コインランドリーの平均的な所要時間は、洗濯から乾燥まで約60分だが、「コインランドリーwash+」の「ふつう洗い洗濯乾燥機」なら最短48分で仕上がる。また、カーペットや毛布、羽毛布団などの大物にも対応しており、洗濯乾燥機の導入によって洗濯機から乾燥機への入れ替えが不要になった。
 さらに、コインランドリー機器と連動し、空き状況の確認、クレジットカード決済、ドアロック、ブラインド(ガラスが曇る機能)のオン/オフ、終了通知、ドア解放通知といった機能を搭載した、スマートフォン向け専用アプリ「スマートランドリー」も用意する。

関連リンク

  • 9/16 11:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます