草刈正雄の長女・紅蘭、初の“顔面タトゥー”に緊張!「ガリガリ削られて...…」

拡大画像を見る

 俳優の草刈正雄(69)の長女でタレントの紅蘭(32)が16日までにインスタグラムを更新。“顔面タトゥー”で眉毛を整えたことを明かした。

 この日、紅蘭は「アートメイクって言うけどさ、、、顔面タトゥーって考えると私でも緊張した」「マシーンじゃなく手彫りって、、、痛そうって思うよね!ガリガリ削られてるのはわかるけど痛くはなかった」とコメントし、“顔面タトゥー”(アートメイク)を入れたことを報告。

 舌を出したドアップ写真を公開し、今回は「小さいときの傷で眉毛生えてこない部分あったんだけど、やっとそのハゲたとこ彫れた」と満足気につづっている。

 その上で「眉毛描く時間すら短縮して ほかのことに時間を使いたくなってしまったよね! 子育てしてると今まで以上に1分1秒が大切すぎて 短縮できるとこしてかなきゃなとね!」「眉毛もマツエクもあるとメイク一瞬!最高に有難い!」と子育てや仕事で慌ただしい日々を送っているため、少しでもメイクの手間を省きたいと考えていることを明かした。

 紅蘭の顔面タトゥー報告に、ファンからは「改めて…美人だな」「お綺麗です」「アカンアカン、ホンマに綺麗」「とっても自然で素敵です」「前の眉毛もチャーミングで好きでしたけど アートメイクいいですね!時短大切」「完全に個人的な意見ですが、そのちょこっとハゲてる眉がチャーミングだなと思ってました」「わかります!母親って、自分のことする時間あったら子どものためにって思っちゃうんですよねー!」「自然なアートメイクですね〜腕の良い方ですね しかしいつ見ても紅蘭ちゃんキレイ」と好意的な反応が寄せられている。

関連リンク

  • 9/16 10:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます