合計整形額3000万円超のギャル姉妹モデル・吉川ちえ&ちか、ミニスカJK“リアル双子コーデ”に「そっくり過ぎです」「サンドイッチされたい」の声

拡大画像を見る

 姉妹そろって美容整形をしていることを公表している、人気双子モデルの吉川ちえ(32)と吉川ちか(32)。姉のちえは顔の整形だけで1000万円以上、妹のちかは実に2000万円以上もの整形を受けてきたという。

 かつては「ぐりぐら」のという名前で姫ギャル系雑誌『小悪魔ageha』のモデルとして、現在は『姉ageha』のモデルとして活動しているほか、2人のYouTubeチャンネル『ちえちかちゃんねる/ぐりぐら』では整形のダウンタイム(施術から回復までの期間)を全公開し、一部で話題を呼んでいる。

 姉のちえは9月16日までに自身のインスタグラムを更新して、「制服双子さん」「学生気分が味わえた撮影でした いくつになっても楽しい事続けたいな」とコメント。

 そして、妹のちかと顔を寄せ合い、ピンクのブラウスに白いセーター、頭にはピンクのヘアピン、ギンガムチェックのミニスカという、リアル双子によるギャルJKショットを投稿。

 姉のちえは青いリボンに青いスカート、妹のちかは赤いリボンにピンクのスカートというコーディネートだが、さすが双子、どちらがちえかちかなのか、初見ではななかなか区別がつかない。

 フォロワーからは「めっちゃカワイイ」「ちえちかちゃんそっくり過ぎです」「制服最高」「サンドイッチされたい」といった声が上がっている。

関連リンク

  • 9/16 10:46
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます