佐藤栞里、賀来賢人から“アゴの演技”のアドバイス 「TOKYO MER」撮影秘話明かす

【モデルプレス=2021/09/16】モデルの佐藤栞里が15日、自身のInstagramを更新。出演していたTBS系日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』で共演した、俳優の賀来賢人との撮影秘話を明かした。

◆佐藤栞里、賀来賢人との撮影秘話明かす

「音羽先生と写真を撮っていただきました、アゴの演技を教えてくれた賀来さんです」と賀来との2ショットを公開した佐藤。

佐藤演じる喜多見涼香の怒りを表現する演技の際、上手く出来ない佐藤に対し賀来は「怒りはね、アゴを出すといいんだよ」とアドバイスを送ってくれたと撮影秘話を明かした。

賀来のアドバイスに、佐藤は「とってもありがたいお言葉だったので、すぐさま取り入れてみようとカメラ前で挑戦したら“嘘だよ”と言って笑ってくれて。プレッシャーでガチガチだった私は、あの言葉で緊張が解けたんだなって今でも思います」と感謝を記した。

ほかにも、車椅子や酸素マスクを使ったシーンの際にも賀来がアドバイスを送ったようで「こうやって挙げていくときりがないのですが、、、うまくできないでいるといつも助けてくださってだから乗り越えられたシーンばかりだったと思います」と回顧。

「本当に、尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです」と賀来への感謝をつづっている。

◆「TOKYO MER」撮影秘話に「素敵なエピソード」の声

佐藤の投稿に、ファンからは「素敵なエピソード」「大好きな2人」「この投稿だけで涙が溢れてきます」など、コメントが続々と寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/16 10:39
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます