やる気のないデートで女子が見せるシグナル9パターン

せっかくのデートは、相手にも楽しんでもらいたいと思うのが男心。ですが、最初から気のない女性にいくら努力をしても、報われることはありません。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「やる気のないデートで女子が見せるシグナル」をご紹介します。

【1】デニムにTシャツなど、ラフ過ぎる服装である。
「やる気がないと、服装もいい加減になっちゃう」(20代女性)など、女性の怖い本音がチラリ。気のないデートではお洒落心も萎える女性が多いようです。普段スカート派の女性がデニムにTシャツなどラフな格好で現れた場合、あまり脈はないと思いましょう。

【2】すっぴんかと思うほどのナチュラルメイクである。
「キレイに見せる必要ないでしょ」(20代女性)など、グサッとくるご意見も。「かわいく見せるためのメイク」はそれなりに時間がかかるので、特別な相手以外にはしない場合が多いようです。女性のメイクが普段より見劣りするなら、気がないと思ったほうがいいかもしれません。

【3】電話がかかってきたら話し、メールもすぐに返す。
「目の前にいる人と話すのが嫌で、逃げたい感じ(苦笑)」(20代女性)など、かなり非情なご意見も。仕事の都合でどうしても…という場合もナシではありませんが、長電話が始まったら諦めたほうがいいでしょう。

【4】「眠い」「疲れた」などの発言を連発する。
「つい本音が出ちゃいそう…」(20代女性)というように、女性のちょっとしたつぶやきは重要なチェックポイント。ほぼ「帰りたい宣言」ともとれる「眠い」「疲れた」などの発言が何度も出るようなら、諦めて早めにデートを切り上げましょう。

【5】デートの終了時間を最初に宣言する。
「長居したくないから、用事がなくてもあるって言う(笑)」(20代女性)などのご意見も。自分に置き換えればわかる話ですが、好きではない相手とはあまり長く一緒にいたくないもの。次に予定を入れること自体、あまり気がない証拠なので、大人しく女性を解放してあげましょう。

【6】腕や脚などムダ毛の処理をしていない。
「もしかして今夜…ってことがないから、当然ムダ毛処理はしません」(20代女性)と、きっぱり宣言する女性も。デートの相手から触られたくないし、可能性もないという意識が、ムダ毛処理の甘さとなって表れるようです。ただし、露出の多い夏場は多くの女性がムダ毛処理を行うので、あまり参考にならないかもしれません。

【7】返事が素っ気なく、相づちもいい加減である
「話を広げたくないからいい加減に答えちゃう」(20代女性)という女性もチラホラ。会話を聞く態度がいい加減な場合は、危険信号だと考えたほうがよさそうです。ただし、男性の話自体が面白くない可能性もあるので、すぐに諦めず、色々な話題を振ってみましょう。

【8】本屋やCDショップに寄り、別行動したがる。
「一緒にいたくないから、自然にひとりになれそうな場所に行きます」(20代女性)という意見もあり、女性が別行動を申し出た場合はご用心。ふたりきりになるのを避けているのかもしれません。「どんな本が好きなの?」などと言ってついて行き、嫌な顔をされるようなら諦めましょう。

【9】お金をかけさせ、絶対におごってもらおうとする。
「来たくもないデートなら、せめて楽しまないと」(20代女性)など、怖い小悪魔発言も。イベントでもないのに豪華なレストランを指定したり、高価なものをねだられた場合は要注意。自分が貢がされていないか、一度考えましょう。

ほかにも「デート中の女子のこんな態度に注意!」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/16 10:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます