星野源がラップ絶賛も…オードリー若林正恭「ANNの屈辱」!「勝てなかった芸人」の名前

拡大画像を見る

 9月7日放送の『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で登場した、星野源(40)とオードリーの若林正恭(42)による楽曲『Pop Virus feat.MC.waka』が、15日に星野源ANNの公式YouTubeチャンネルにて公開。星野の生歌唱に合わせて若林が生ラップをするスペシャルセッションが、大いに話題となっている。

「若林はかつて『めちゃイケ』(フジテレビ系)の09~11年の企画『お笑い芸人歌がへたな王座決定戦スペシャル』で優勝したことがあるほどの音痴でしたが、学生時代からラップに傾倒。14年には『オードリーのANN』イベント『史上最大のショーパブ祭り』にゲスト出演した歌手のmiwaにフィーチャリングする形で自作のラップを披露、そのままの勢いで後日相方の春日俊彰(42)に向けて“春日disラップ”を作ったりしていました。

 それが、いよいよここまで来たか、という感じがします。『あちこちオードリー』(テレビ東京系)のMCぶりも好調だし、かつて“じゃない方”とされていたのがウソのようですね」(女性誌記者)

 オードリーはブレイク初期こそ春日の強烈なキャラクターから若林が「じゃない方芸人」になってしまい09年には『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に「○○じゃない方芸人」で呼ばれたこともあったが、いまやコンビでもピンでも抜群の存在感を放っている。

「『オールナイトニッポン』で重度の人見知りを克服しようとしてガールズバーに通った話や、テレビでは見せないダーティな話などで人気を博したのも理由の1つとされています。いわゆる“努力型”のためリスナーは若林の成長を一緒に実感できるし、スタッフの間でも好感度が上がっていったんですね」(前同)

■佐久間P「若林くんは飛び抜けてかっこいい」

 『あちこちオードリー』を担当し、テレビ東京のプロデューサー時代からずっと一緒に仕事をしてきた佐久間宣行氏も若林を高く評価しており、9月5日の『現代ビジネス』インタビューにて、

《その中(仕事仲間)でも若林くんは飛び抜けてかっこいいなと思っています。なぜかと言えば、やっぱり悩んでるからじゃないですかね。ちゃんと悩むことを諦めていないというか。
悩むことは面倒くさいから、どこかで折り合いつけていかないと人生やっていけないじゃないですか。でも若林くんは出会ったときも40歳を超えた今も、悩みながら面白いものを作っているので、とても尊敬しています》

《人一倍悩んで、もがいて、新しいものを作ろうと格闘している姿が、僕にとってはめちゃくちゃ好きなロックスターとか、そういう存在に近いですね。だから、若林くんの人生に共感したり救われたりする人はたくさんいると思います。》

 と、高いカリスマ性を持つほどになっていると指摘していた。

 そんな順風満帆な若林に、9月11日深夜放送の『オードリーのオールナイトニッポン』では、ある意味で衝撃的な事件があった。

 この日は、2020東京オリンピック卓球女子団体で銀メダルを獲得した石川佳純選手がゲストで出演。若林は同ラジオの昨年8月29日深夜放送回で「ラジオで喋れないレベルで好き」とするほど、石川選手の大ファンだった。

■憧れの石川選手とのトークで思わぬ発言が

「石川選手もオードリーが好きで、

“最近、すごくハマっていたのがYouTubeで『オドぜひ』ってあるじゃないですか? あれ、3分ぐらいがひとつじゃないですか。あれをオリンピック前、寝る前に結構いつも見ていて”

 と『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』(中京テレビ)の公式YouTube配信について話し、若林は非常に嬉しそうでした。しかし、その後のトークで、若林にとって非常にショッキングな事実が明らかとなったんです」(ラジオ関係者)

 番組冒頭から、石川選手を質問攻めにしていた若林だが、テレビに関する話題は何度か出たものの、それについてなぜか深堀りはせず。

 そして、番組開始から2時間が過ぎたころ、石川選手がふたたびバラエティ番組についてのトークになった際に、満を持して若林が「バラエティで見る番組はありますか?」と、ついに切り込んだ。

 この若林の質問に対して、石川選手はやや言いづらそうにしながら「……脱力タイムズ」と、くりぃむしちゅー・有田哲平(50)MCの『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)と回答。まさかのオードリー以外の番組を挙げたのだ。

「これは、若林にとってはかなりのダメージだったんじゃないでしょうか。冒頭の『オドぜひ』動画の話題もあっただけに、自身の番組を挙げてくれるのでは、という期待もあったと思います。

 若林はこの『脱力タイムズ』について触れることなく、その後“それでオドぜひも見てくれてるんだね”としたり、“『M-1』も毎年必ず見ます”と石川が発言するとすかさず“じゃ伝説の2008年のオードリーの回も?”と、自身が敗者復活戦から決勝進出を果たして準優勝になった08年の『M―1』をアピールしたりしていました(笑)。

 また、自身のキューバ旅行記の書籍『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』(KADOKAWA)を、石川選手が読んでいたことに触れて“嬉しかったですよ。憧れてる人に読んでもらえるなんて”としたり、部屋の片づけ中に『ANN』を聞いている話をするなど、やたら若林の口数が増えていましたが、ショックを押し隠すためだったのかもしれませんね」(前同)

 憧れの石川佳純選手と、ラジオで共演できたことはなによりの喜びだったが、そこで別な芸人の番組の名前を出されてしまった若林。あらためて、芸人界での精進を誓ったかも?

関連リンク

  • 9/16 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます