ソースネクストのAI翻訳機「ポケトーク」シリーズ、出荷台数が90万台突破

拡大画像を見る

 ソースネクストは9月15日に、同社が2017年12月から販売しているAI翻訳機「ポケトーク」シリーズの累計出荷台数が、9月14日時点で90万台を突破したことを発表した。

 「ポケトーク」シリーズは、これまで海外旅行やビジネス、訪日外国人客のおもてなしをはじめ、技能実習生や在留外国人が在籍する職場や学校、病院、役所といった、人と人とがリアルに対面するシーンにおいて実用的なコミュニケーションツールとして活用されてきた。
 新型コロナ禍では、バーチャルな世界でのコミュニケーション機会も増えてきたことから、距離を越えたコミュニケーションを可能にする新機能として、「ポケトーク字幕」や「グループ翻訳」をアップデートで追加している。
 「ポケトーク字幕」は、Windows搭載PCにインストールし、「ポケトーク」と組み合わせて使用するソフトウェアで、「ポケトーク」の翻訳結果をPCのウェブカメラの映像に、字幕のように合成できる。
 「グループ翻訳」は、複数の「ポケトーク」をつないで、国内外の人とコミュニケーションがとれる機能で、グループを作成して「ポケトーク」に話しかけるだけで、グループ参加者へメッセージが送れる。
 なお、「ポケトーク字幕」「グループ翻訳」ともに、82言語に対応している。

関連リンク

  • 9/16 9:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます