ティモシーやゼンデイヤらが語る、運命と対峙するキャラクターたち『DUNE/デューン』特別映像

拡大画像を見る

ヴェネチア国際映画祭、トロント国際映画祭でお披露目され、絶賛の声が贈られている『DUNE/デューン 砂の惑星』。本作に出演を懇願したというティモシー・シャラメや、ゼンデイヤ、ジェイソン・モモア、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリンらが余すところなく語る、初公開となる本編映像やメイキング映像も満載の特別映像が解禁となった。




世界中での公開を前にひと足先に上映されたヴェネチア国際映画祭、トロント国際映画祭では、「映画館でしか味わうことの出来ない“映画の力“を再提示した作品だ」など大絶賛の声があがり、海外の権威あるメディアも大迫力のスペクタクルーー息をのむほど美しく鮮やかで、恐ろしいほど緻密な未来を目の当たりにした」(Los Angeles Times)、「ドゥニ・ヴィルヌーヴのDUNEは体験そのものも、映像も、音も、プロダクトデザインもすべてが最高だった」(USA Today)、「想像しうる最大限のスケールで贈るスペクタクル・アドベンチャー」「映画館に戻る理由があるとしたらこの映画だ」(Vogue)と好評、その興奮は観客、メディアともに高く、新たなる映画体験が衝撃を与えている。

そんな中、初公開となる本編映像、メイキング映像、監督・キャストのインタビューを交えた特別映像が解禁。インタビュー映像では主人公ポール・アトレイデスを演じたティモシーを筆頭に、ゼンデイヤ、ジェイソン、オスカー、レベッカ・ファーガソン、ジョシュ・ブローリン、ハビエル・バルデム、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督といったハリウッドを代表する面々が、出演の経緯、ストーリーや設定、自身が演じたキャラクターやその背景について余すところなく語っている。

中でもティモシーは出演の経緯について「どうしても出演させて欲しいと懇願した」と、並々ならぬ決意でこの作品に挑んだことを告白。初公開された数々のシーンの本編映像、メイキング映像からも、本作の壮大なスケール感、リアルにこだわるヴィルヌーヴ監督の砂漠での環境での撮影の様子などが伺える内容となっている。

『DUNE/デューン 砂の惑星』は10月15日(金)より全国にて公開。



(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
DUNE/デューン 砂の惑星 2021年10月15日より全国にて公開
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

関連リンク

  • 9/16 8:15
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます