諦めるのはまだ早い?LINEが長続きしなくても脈アリな証拠!

拡大画像を見る


勇気を出して相手にLINEを送ったとしても、なかなか返信が返ってこないとなると、「私は脈ナシかも」などと思ってしまいますよね。脈アリだとたしかに返信が早いということもありますが、返信が遅いだけで諦めてしまっては勿体ありません。 返信が遅かったとしても脈アリを期待できるパターンはあります。今回は、LINEが長続きしなかったとしても脈アリな証拠について、紹介していきます。 


報告の連絡がある

LINEで会話がなかなかできなかったとしても、彼のほうから「今日はここに行ってきた」などと報告のLINEがあるのであれば、脈アリを期待してもいいかもしれません。  彼がそのようなメッセージを送ってきてくれるのは、彼に「伝えたい」という気持ちがあるからこそです。LINEがもし長続きしなかったとしても、がっかりせずに彼のことを信じてみてください。 


電話がしっかりと返ってくる

男性には、「LINEで話すよりも電話で話したい」「文字よりも声が聞きたい」などと考えている方は多くいます。LINEの返信がイマイチだったとしても、彼から返信が来るのであれば、脈アリかもしれません。 彼の性格を見極めてメッセージがいいのか電話がいいのか確かめてみてください。彼に合ったコミュニケーションを取ると、彼に好印象を与えることができます。 


要件が無かったとしても三日以内に返信がある

他愛のないLINEに対しては返信をしてくれなかったとしても、「来週ここ行かない?」などと誘いのメッセージを送ってくれる方は、脈アリです。 自分が彼に誘いのメッセージを送ったとき、三日以内に返信が来るのであれば、脈アリの可能性は高いです。「返事は急がなくてもいいよ」などと追加で送っていると、彼も安心してメッセージを考えられるでしょう。 


デートに行く余裕がある

恋愛をしていて一番大事なのはLINEの内容よりもデートをするのかどうかですよね。普段はあまりLINEのやり取りをしていなかったとしても、デートを約束をしてくれるのであれば脈アリの可能性は高いです。 2人で過ごす時間を作ってくれるのであれば、嫌われているはずがありません。LINEの会話も気にすることなくデートの時間を楽しむことができます。 


まとめ

彼からの返信を待つのは精神的に長く感じるかもしれませんが、返信が来なかったとしてもネガティブに考えないようにしましょう。 (ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/16 8:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます