​​​​気づいたら出てる!?男性が無意識に大本命にやるスキンシップ

拡大画像を見る


彼氏でもない男性にスキンシップをとられると、ドキッとしますよね。もし意中の男性なら、かなり意識してしまうはずです。そこで今回は、男性が無意識に大本命にやるスキンシップをご紹介します。


頭をポンポンする

男性は、女性を守ってあげたい気持ちになると、頭をポンポンしがちです。好きな女性が何かに一生懸命取り組んでいる様子などを見ると、無意識にしているといいます。ただし、この行動は妹のように思っている女性にもすることがあるので、一概に恋愛感情とは言い切れません。また、女性が喜ぶスキンシップだと分かっていて、わざとする遊び人もいるので、見極めが必要です。


肩と肩を寄せる

肩と肩を寄せる行為は、男性が一番に試みるスキンシップの上位に入ります。男性は、好きな女性がいると物理的に近づこうとするものです。カウンターで隣に座ったときなど、パーソナルスペースに入るチャンスを逃しません。肩と肩が触れ合うまで距離を詰めてくるでしょう。電車で隣の席になったときにぴったり並んで座るのも、よくあるシチェーションです。


頬を撫でる

女性のことを愛おしいと感じると、頬を撫でる男性は少なくありません。もし気になる男性に頬を撫でられたら、脈ありの可能性大です。また、かなり親交が深くないとできない行為でもあります。そのため、男性は頬を触ることによって、親密さを確認しているのかもしれません。もしその男性のことが好きなら、笑顔でリアクションしましょう。


手を握る

女性と早く距離を縮めたくて、手を握る男性は少なくありません。女性からすると、かなりハードルが高いスキンシップに感じますよね。しかし、男性は好きだという想いが爆発すると、勝手に身体が動くようです。手を握るという行為は、遊び相手にはあまりしません。男性に手を握られたら、本気で惚れられていると思っていいでしょう。

男性が無意識に大本命にやるスキンシップをご紹介しました。もし意中の男性にこれらのスキンシップをとられたら、相思相愛かもしれません。アタックすれば、うまくいくかもしれませんよ。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/16 8:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます