狩野舞子「初の始球式」は無念のワンバウンド!不調で「本塁打王ピンチ」MLB大谷翔平との「ネガティブシンクロ」状態?

拡大画像を見る

 9月14日、元バレーボール日本代表選手の狩野舞子(33)が背番号7のヤクルトスワローズのユニホームをまとい、人生初の始球式に臨んだ。

「イースタン・リーグのヤクルト対西武戦の始球式でした。狩野は18年に現役を引退してから、ひそかに始球式に憧れており、インターネットメディア『スポーツブル』(スポブル)のコンテンツ『おぎやはぎのスポーツバラエティBULL‘S SHOW』でも『狩野舞子の始球式女王への道』という企画で、元日本プロ野球選手会会長の宮本慎也(50)、元ロッテ・里崎智也氏(45)、元ソフトバンク・斉藤和巳氏(43)らに指導を受けてきたんです」(スポーツ紙記者)

 夢かなって、本番のマウンドに立った狩野は、自己最速を2キロ更新する89キロを計測したものの距離が足りずワンバウンド投球となってしまった。

「全然ダメでしたね。あの場に立つと、逆にいろいろなものが見えてきて、今自分がマウンドに立っていて、投げようとしていて、というのが鮮明に思い浮かんじゃって、緊張して体が力みました。それが球にも出たと思います」「もっと練習を積みたい。緊張して肩も痛いし、『もういいや』と思っていたんですけど、すごく悔しかったので、もしまた呼んでいただけるなら、次は成功させたい。そういう思いが逆に湧いてきました」

 と、始球式後にリベンジを誓った。

「ちょっと残念な結果に終わってしまいましたね。狩野といえば、18年ごろからメジャーリーグのロサンゼルスエンゼルスの“二刀流”大谷翔平選手(27)との交際がウワサされていますが、大谷選手も、ここのところ不調なんですよね……」(前同)

■本塁打王が怪しくなってきた大谷

 大谷選手は9月14日(日本時間15日)のホワイトソックス戦で「2番・指名打者」で先発出場したものの、4打数無安打。これで3試合連続無安打となってしまった。

「本塁打数についても、9月13日(日本時間14日)にトロント・ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.選手(22)が45号ホームランを記録したことで、44本の大谷選手は2位に。しかも、カンザスシティ・ロイヤルズのサルバドール・ペレス選手(31)が14日(日本時間15日)に43号ホームランを記録したことで、大谷選手とわずか1本差に追い上げられている状況。ゲレーロJr.とペレスの勢いが猛烈なだけに、大谷のタイトルには黄信号が灯っていますね」(前出のスポーツ紙記者)

 17日(日本時間18日)には、大谷が投手として先発することが予告されている。

「オークランド・アスレチックス戦で先発します。もしこの試合で勝ち投手になればばベーブ・ルース以来103年ぶりとなる“2ケタ勝利、2ケタホームラン”という偉業を達成することになるんですよ」(前同)

 狩野は次の始球式、大谷は先発勝利とタイトルを目指して頑張ってほしい!

関連リンク

  • 9/16 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます