竹内涼真『梨泰院クラス』日本版に上がる「悲鳴」&「爆死批判」をかき消す!「チャンガ会長役の超大物」と『半沢直樹』問題!!

拡大画像を見る

 2020年、Netflixで配信され社会現象になるほど大ヒットした韓国ドラマ『梨泰院クラス』が、『六本木クラス』として日本でリメイクされると、9月7日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が報じた。

 記事によると、主演には竹内涼真(28)が内定しており、テレビ朝日系で来夏放送される予定だという。

『梨泰院クラス』は韓国の人気ウェブ漫画の実写ドラマで、主人公のパク・セロイ(パク・ソジュン/32)がソウルの街・梨泰院に居酒屋を開き、仲間とともに幼い頃からの因縁の相手である飲食業界の大手・長家(チャンガ)グループのチャン・デヒ会長(ユ・ジェミョン/48)に復讐していく姿を描く。

 韓国のテレビ局JTBCでは視聴率16.5%で局史上3位、韓国のケーブルテレビ史上7位の高視聴率を記録。Netflixの「2020年に日本で最も話題になった作品トップ10」でも2位に入るほどの話題作となり、日本でも一時、大ブームとなった。

 しかし、主演を竹内が務めるという発表に対して、ネットには「韓国ドラマのクオリティは超えられない」「あの役はパク・ソジュンしか無理」「日本でリメイクしても残念感しかでないと思う」という悲鳴にも似た声が続出している。

 ここ最近、韓国ドラマをリメイクした日本ドラマは少なくない。

 9月14日に最終回を迎えたSexy Zoneの中島健人(27)と小芝風花(24)が主演した『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)は、もとは2015年に制作された韓国ドラマ。また、今年1月クールに放送された関ジャニ∞の大倉忠義(36)主演の『知ってるワイフ』(フジテレビ系)も、2018年に韓国で好評を博したドラマのリメイク作品だ。

■竹内涼真のパク・セロイ役以上に注目を集めるチャン会長役

 女性誌記者は話す。

「気になるのは『六本木クラス』を制作するのがテレビ朝日ということです。テレビ朝日といえばリメイクで“前科”がありますからね。そのドラマが唐沢寿明(58)主演の『24-TWENTY FOUR-』ですよね」

 1シーズンで24時間を描く世界的ヒットとなったドラマシリーズの日本版が、2020年10月から2クール全24話で放送されました。同作はテレビ朝日開局60周年記念作ということで局を挙げて盛り上げていたが、視聴率は4%台を推移し、最終回も5.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という厳しい結果に終わった。

「テレビ朝日のリメイク版『24』は“大爆死”してしまった。だからこそ、『梨泰院クラス』のリメイクも不安視されているようです」(前同)

 ドラマ制作会社関係者はこう話す。

「たしかに『六本木クラス』の企画は動いているようですね。主演に内定しているという竹内さんには批判の声もありますが、パク・ソジュンさんと同じ身長185cmでスタイル抜群ですし、ガタイもよく、ワイルドさも兼ね備えている。年齢なども考えたら適任と言えば適任なのではないでしょうか。主演を務めた『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)も賛否はありましたが、好評で第3弾の制作まで決まっていますからね。

 ただ、主人公のパク・セロイ以上に、誰がライバル会社の“チャンガ”のチャン・デヒ会長役を演じるのかに注目が集まっています。『梨泰院クラス』は“チャンガ”とその会長、長男のチャン・グンウォンをセロイとその仲間たちが一泡吹かせる、勧善懲悪のドラマです。

 そういった意味ではチャン会長が憎ければ憎いほど、視聴者は主人公を応援したくなり、ドラマは盛り上がる。チャン会長を演じたユ・ジェミョンさんは見事な演技をみせてくれましたよね」

■『六本木クラス』が『半沢直樹』のパロディになる可能性

 そんな中、テレビ朝日はチャン会長役に驚きの俳優をキャスティングするつもりだというのだ。

「テレビ朝日内では、最有力候補として香川照之さん(55)の名前が挙がっているといいます。社会現象を巻き起こした『梨泰院クラス』のリメイクだからこそ、テレビ朝日としても絶対に成功させなければいけない。その作品の極めて重要な主人公のライバル役に、演技力抜群の香川さんの名前が挙がるのも納得はいきます。

 ただ、大きな問題が残っていそうです。というのも、『梨泰院クラス』では、チャン会長がセロイに土下座するように迫ったり、逆にセロイがチャン会長を追い込んで土下座させるという場面があるんです。“香川照之と土下座”といえば、誰だって『半沢直樹』(TBS系)を想起してしまいますよね」(前出の制作会社関係者)

 2013年版の『半沢直樹』の最終回、堺雅人(47)演じる半沢直樹が、香川演じる大和田常務が犯した不正を突きつけ、涙ながらに土下座を迫る。大和田はあまりの悔しさに歯を食いしばり、全身を震わせながら、最後にはヒザをつき、ついに土下座をするというクライマックスシーンはあまりにも有名だ。

「セロイに土下座を迫っていたチャン会長が土下座する、というシーンは『半沢直樹』のそれと極めて近い感じがする。しかもそのシーンを大和田常務を演じた香川さんがやるとなったら、さらに『半沢直樹』のイメージが乗っかりますよね。それで、『梨泰院クラス』の中でもとても重要な、シリアスな場面にケチがついてしまったとしたら、とても残念ですよね。

 ただ、圧倒的な演技力を誇る香川さんだったら憎たらしいチャン会長役がぴったりハマるでしょうね。当然、テレビ朝日サイドも『半沢直樹』との被りは意識しているでしょう。ストーリーやシーンの変更、調整をしつつ、名役者の香川さんに出演をお願いしようと考えているのではないでしょうか」(前同)

 来夏放送予定だという『六本木クラス』で、憎たらしい男・香川の土下座は再び見られるのだろうか!?

関連リンク

  • 9/16 7:25
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます