工藤静香、次女Koki,作の洋風朝食をお披露目も微妙なリアクションが飛び交うワケ

拡大画像を見る

 歌手の工藤静香が9月10日に自身のインスタグラムアカウントを更新し、次女でモデルのKoki,が作ってくれた朝食を公開した。

 ストーリーズにて「今日も頑張れる」とハートマークを添えて綴った工藤は、お洒落な木製プレートに並べられた朝食のメニューを撮影。ナッツ入りのパンの上にはたっぷりのカットされたミニトマトが乗せられ、チーズをトッピングしたレーズンパンや茹で卵、フルーツも添えられた4品目で、「Made by 次女」との記載もあった。

 Koki,は長女でモデルのCocomiとともにケーキや餃子を作る姿をインスタグラムでライブ配信したこともあり、たびたび料理好きな一面を見せてきた。最近では、工藤がKoki,作の朝食をお披露目することが多く、忙しい母のために「勝手に作って置いといてくれる」のだという。

「9月5日のストーリーズでも工藤は『今朝の朝食 The 日本食 By 次女』と綴り、雑穀米や焼き鮭、茹で卵などが並ぶ朝食を公開。8月20日にも梅干しや人参、カブ、昆布といったヘルシーなKoki,作の朝食をお披露目。頻繁に朝食担当を務めていることがわかり、親孝行なKoki,の日課には、ネットで『お母さんのためにこんなしょっちゅう朝食作るってのは素晴らしいと思うよ』『優しい子』『簡単な朝ごはんでも18歳の娘が作ってくれたら心から嬉しいし、素直ないい子達に育ってるみたいだし、木村も工藤も幸せでしょう』との声があったほか、さすがに簡単すぎるといったツッコミも目立っています。調理する際の油を使いたくないのか、基本的にKoki,が作る朝食は素材をカットして並べるのみで、『我が家ではこれを料理とは言ってくれません』『料理好きな割に“料理”したものは無いような。茹でただけ? 野菜切っただけ?』との声や、平らなプレートにカットしていない卵が乗っている点にも『転がりません?』『食べづらそう』とする指摘も散見されました」(テレビ誌ライター)

 食材はカットのみで可能な限り素材のよさを生かしつつ、茹で卵は逆にカットしないというのがKoki,流なのかもしれない。

 いずれにせよ、バタバタしがちな早朝にこれだけのメニューを用意し続ける娘の貢献は、母親にとっては何にも替えがたい喜びがあるだろう。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 9/16 7:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます