リヴァプールがミランとの激戦を制す!…ヘンダーソンが圧巻の逆転スーパーゴール

拡大画像を見る

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第1節が15日に行われ、リヴァプール(イングランド)とミラン(イタリア)が対戦した。

 3シーズンぶりのCL優勝を目指すリヴァプールはこの日、モハメド・サラーやファビーニョ、ジョー・ゴメスらが先発。サディオ・マネやフィルジル・ファン・ダイクらはベンチスタートとなった。一方のミランはラファエル・レオンやフランク・ケシエが先発し、オリヴィエ・ジルーらが控えから出場機会を伺うこととなっている。

 試合は立ち上がりから、アンフィールドの熱量に押されたリヴァプールが勢いに乗る。9分、右に張ったサラーに対しトレント・アレクサンダー・アーノルドがインナーラップ。そのまま深くまでえぐると、折り返しがフィカヨ・トモリに当たってゴールへ吸い込まれた。リヴァプールが幸先よく先制する。

 さらに勢いの止まらないホームチームは、13分にエリア内でアンドリュー・ロバートソンがボレーシュートを放つと、これがブロックの手に当たりPKのジャッジ。しかしサラーが蹴った強烈なシュートをGKマイク・メニャンがストップし、ミランは辛うじて追加点を許さない。

 その後もリヴァプールに押し込まれ続けたミランだったが、メニャンの好セーブもありなんとか耐え凌ぐと、42分にようやく最初のチャンスを掴む。前線で生まれたわずかなスペースを突くと、アレクシス・サレマーカーズ、ケシエと繋ぎ、最後はレビッチがダイレクトで流し込んだ。

 息を吹き返したミランは続く44分にも、R・レオンの持ち運びからレビッチが折り返しテオ・エルナンデスがシュート。そしてブロックのこぼれ球をブラヒム・ディアスが無人のゴールに押し込み、終始圧倒されていたミランが一気に逆転に成功した。

 後半に入ると巻き返したいリヴァプールは49分、サラーがディボック・オリジに預けると、浮き球のラストパスを受けて抜け出す。これを冷静に左足で流し込み、早い時間で試合を振り出しに戻した。

 さらに途中出場のマネやジョッタを中心にミランゴールへ迫るリヴァプールは、69分にCKを得ると、こぼれ球に対しジョーダン・ヘンダーソンが右足を振り抜く。すると見事にミートされたハーフボレーがゴールネットへ突き刺さり、主将のスーパーゴールでリヴァプールが再び試合をひっくり返す。

 その後はチアゴ・アルカンタラやジェームズ・ミルナーを投入しゲームの安定を図ったリヴァプールは、ジルーを投入したミランに思うような反撃を許さない。ミランは87分にCKからシモン・ケアーが頭で合わせるも上手くヒットせず、逆に追加点の脅威に晒されながら時間が進む。

 試合はこのまま終了。リヴァプールが2度の逆転が生まれたシーソーゲームを制し、ホームでの大会初戦をモノにした。

 次節、リヴァプールは28日にアウェイでポルトと、ミランはホームでアトレティコ・マドリードと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 3-2 ミラン

【得点者】
1-0 9分 フィカヨ・トモリ(オウンゴール/リヴァプール)
1-1 42分 アンテ・レビッチ(ミラン)
1-2 44分 ブラヒム・ディアス(ミラン)
2-2 49分 モハメド・サラー(リヴァプール)
3-2 69分 ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)

関連リンク

  • 9/16 5:52
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます