【セントライト記念注目馬】オーソクレース メンバー屈指の良血がようやく真価を発揮

拡大画像を見る

 9月20日、中山競馬場で行われるセントライト記念(3歳・GII・芝2200m)に出走するオーソクレース(牡3、美浦・久保田貴士厩舎)。

 同馬は父エピファネイア、母マリアライト、その父ディープインパクトという血統。通算成績は3戦2勝。

 父エピファネイアは2013年菊花賞馬にして、翌2014年にはジャパンCを制覇。種牡馬としても昨年、史上初めて無敗で牝馬3冠を達成したデアリングタクトや今年の皐月賞馬エフフォーリアを送り出すなど、そのポテンシャルを存分に発揮している。

 母マリアライトも2015年エリザベス女王杯、翌年の宝塚記念を制した名牝で、本馬はその初仔にあたる。

 2020年8月の新馬戦で、力の要る洋芝の札幌が舞台だったにもかかわらず33秒9という極上の末脚を見せつけ快勝。続く10月に東京で行われたアイビーSでは、のちにきさらぎ賞を制したラーゴム、若葉Sを勝つことになるアドマイヤハダルをそれぞれ2着、4着に下し、2連勝。

 ホープフルSではダノンザキッドに敗れはしたものの、レース内容は翌年のクラシックでの活躍を感じさせるものだった。残念ながら、春のクラシックは骨折により棒に振ることになったが、そのポテンシャルの高さは誰もが認めるところ。9カ月ぶりとなる復帰戦で最後のクラシックへの切符を手にして、菊の栄冠を手中にしたいところだ。

※初出の本文内に一部誤りがございました。お詫びして訂正いたします。

関連リンク

  • 9/16 5:40
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます