バルサ会長、CLバイエルン戦の完敗受けメッセージ「信頼と時間が必要」

拡大画像を見る

 バルセロナのジョアン・ラポルタ会長が、ファンに対して忍耐と信頼を求めた。

 財政難の影響によりクラブの象徴だったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを今夏に失い、過渡期を迎えているバルセロナ。ラ・リーガでは開幕から3試合を消化して2勝1分と無敗を維持しているが、14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節ではバイエルンを相手に手も足も出ず0-3の完敗を喫した。

 バイエルン戦の敗戦を受けて、ラポルタ会長は自身の公式Twitter(@JoanLaportaFCB)にファンへ向けたビデオメッセージを投稿。現在はクラブ再建の真っ只中にあることを強調し、結果を問わずチームとクラブへのサポートを継続するよう求めた。

「クレの皆さん、こんにちは。私は皆さんと同様、(バイエルン戦の結果に)失望し、動揺しています。皆さんには、今起こっていることが私たちの想定していた状況の一つであることをお伝えする必要があります」

「皆さんには忍耐を求めると同時に、私たちのチームへの応援を継続していただきたい、クラブを運営する私たちのことを信頼していただきたいのです。私たちは、皆さんからの信頼と時間を必要としています、そして、私たちが問題を解決することを疑わないでいてほしい。ありがとうございます。Visca el Barca!」

関連リンク

  • 9/15 23:14
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます