丸山議員 蓮舫氏の読売報道に違和感ツイ「批判のための批判」「違和感は蓮舫議員」

拡大画像を見る

 NHK党・丸山穂高衆院議員が14日付でツイッターに投稿。新型コロナワクチン接種率に関する立憲民主党・蓮舫参院議員のツイートに対し「ほんと批判の為の批判ばかり」と記した。

 蓮舫氏は14日付投稿で、読売新聞が「2回目の接種、全国民の5割…64歳以下は地域差」との見出しで報じたニュースを取り上げ「『2回目接種が全国民の5割』との見出しに違和感」と主張。「64歳以下で見ると2割から3割」と報道にある集計(9日段階)数字を指摘し、「菅総理もワクチン接種は進んでるとよく言われますが、未だ予約も取れない方々への接種をより進めるべきです」と記した。

 この蓮舫氏の投稿に対し、丸山議員は「違和感あるのは蓮舫議員の方でしょ?ほんと批判の為の批判ばかり」とツイート。「致死率が高い高齢者から始めたんだから当然だし、その結果死者数を抑えられている。意味不明な宣言乱発など他施策は別にしても、接種推進速度は開始こそ若干出遅れたものの悪くない、寧ろ最近の接種スピードは先進国でもトップレベル」と指摘した。

関連リンク

  • 9/15 18:03
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます