総裁選候補が学級委員長だったら?宮崎謙介氏が掃除拒否のクラスを例に解説

拡大画像を見る

 元衆議院議員の宮崎謙介氏が15日、TBS・CBC系「ゴゴスマ~GoGo Smile」で、自民党総裁選に出馬する3人の候補を、学級委員長に例えて、石井亮次アナウンサーをうならせた。

 宮崎氏はこの日、リモートで出演し、総裁選について解説を行った。

 その中で、石井アナが「(宮崎さんの)キャラクターがよく分かる例えがすごいとディレクターが(言っていた)」といい、宮崎に説明を求めた。

 すると宮崎氏は「面白いかは置いておいて、三者を学級委員長に例えた場合…」と切り出し、「クラスのみんなが掃除をしたくない、掃除当番をどうしようかとなった場合」というシチュエーションを上げた。

 岸田氏が学級委員長の場合は「みんながなぜ掃除をしたくないのか、じっくり聞いてくれるタイプ」だといい、高市氏は「お掃除とは一体何かと。お掃除の意義を語ってみんなにやらせようと語りかけるタイプ」。河野氏は「元々、掃除って必要だっけ?いらないんじゃない?なら掃除を外注にして空いた時間を有効活用したらいいんじゃない?というタイプ」だと説明した。

 石井アナはこの説明に「なるほど~」とうなっていた。

関連リンク

  • 9/15 15:45
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます