名古屋が発表…2022シーズンよりU-18所属FW豊田晃大、MF甲田英將、DF吉田温紀がトップチーム昇格内定

拡大画像を見る

 名古屋グランパスは15日、名古屋グランパスU-18所属のFW豊田晃大、MF甲田英將、DF吉田温紀が2022シーズンよりトップチームへ昇格することが内定したことをクラブ公式サイトで発表した。

 クラブ公式サイトには、以下のように3選手のコメントが掲載されている。

■豊田晃大
「初めて見た豊田スタジアムの景色、ゴール裏のサポーター、ピッチの上で輝く選手達今でも鮮明に覚えています。プロキャリアをこの歴史ある名古屋グランパスでスタート出来ることをとても嬉しく光栄に思います」

「ここまで本当にたくさんの方々に支えて頂き、ようやくたどり着いたスタートライン。これからは1人の社会人として厳しい世界に飛び込んでいきます。自分自身の発言や行動に責任と自覚を持ち1人の人間として恥ずかしくない生活をしていきます」

「あの日、もらった勇気や感動を次は自分がピッチの上で表現し子供たちに夢を与え、自分のプレーで人々を笑顔にし、勇気や活力を与えられる選手になります。そして少しでも早くJ1のピッチで活躍して名古屋グランパスの勝利に貢献し、顔となれるよう精進していきたいと思います。また、サポーターの皆さんと多くの勝利を分かち合えるよう頑張ります! ピッチで輝く豊田晃大を楽しみにしていてください! 応援よろしくお願いします! ちなみに名前の読みは『とよだ こうき』です」

■甲田英將
「このたびトップチームへの昇格が決まりプロの世界への第一歩を踏み入れることができ、本当に嬉しく思います。そしてこのステージに立つことができたのは、熱心に指導してくれたコーチ、応援し続けてくれたグランパスサポーターの皆さんや友達、そして常に支えてきてくれた家族のお陰です。この感謝の気持ちを胸にこれからの一日一日を大切に過ごしていきたいと思います」

「自分はグランパスの試合を見て憧れをもって11歳でアカデミーに入り、7年間の中で沢山の大切なことを学ぶことが出来きました。今度は自分がグランパススクールに通っている子供達に夢を与え、このクラブへの恩返しをしたいと思います」

「これから厳しい世界でプレーすることになりますが自分の武器であるドリブルで相手を切り裂いてチームの勝利に貢献できるよう全力を尽くしていきたいと思います。そして個人としても成長し小さな頃からの夢である日本代表として活躍して海外でもプレーできるよう頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします!」

■吉田温紀
「このたび、トップチーム昇格が内定しました。幼い頃から憧れていた名古屋グランパスの一員としてプロのキャリアをスタートできることを本当に嬉しく思うとともに、これからが本当の勝負だと思うので、覚悟を持って取り組みたいと思います」

「自分の目標は日本を代表する選手になり、海外で活躍することです。そのために日々のトレーニングや試合で成長し、自分の強みであるゴールに直結するパスで結果を出し、自分の力でチームを勝利に導ける選手になりたいと思います」

「今まで自分に関わってくださった方々に感謝の気持ちをもち、その思いをピッチ上で表現し、少しでも早くチームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします!」

 現在18歳の豊田は、2016年に名古屋U-15へと加入すると、2019年からはU-18でプレー。各年代の日本代表にも選出されてきた。現在17歳の甲田は名古屋U-12、U-15と順調にステップアップを続け、2019年からはU-18でプレー。豊田と同様に、各年代の日本代表に選出されてきた経験を持つ。現在18歳の吉田は、2016年からU-15、2019年からU-18でプレー。U-18日本代表候補およびU-20日本代表候補に選出されている。

関連リンク

  • 9/15 14:27
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます