有吉弘行は“渡部建復帰サポート”を「2度目の完全否定」!「唯一の希望」相方・児嶋一哉MC『白黒アンジャッシュ』復帰説、「直撃取材」への「答え」!!

拡大画像を見る

 9月10日に放送された『マツコ&有吉かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、有吉弘行(47)が、2020年6月発売の『週刊文春』(文藝春秋)で複数の女性との“多目的トイレ不倫”を報じられて以降、芸能活動を自粛しているアンジャッシュの渡部建(48)について言及した。

「有吉は番組でいきなり、“宮迫さんがああなっちゃったってことは、渡部さん無理かな”と、2019年6月に発覚した闇営業騒動以降、地上波テレビ復帰ができず8月17日に雨上がり決死隊の解散を発表した宮迫博之(51)を引き合いに渡部の名前を出し、“便所さえ……あれがホテルならねえ”と話します。

 これに共演のマツコ・デラックス(48)が、“まだチャンスあるんじゃない?”と反応すると、有吉は“ことあるごとに、俺が救うって記事が出るんだよね……。いや、児嶋だろ!”“この番組(で復帰)じゃないかとか……。なんで俺らなの。いや、児嶋だろ!”と2度にわたって渡部の相方・児嶋一哉(49)の名前を出して、自身が渡部の復帰サポートをすることについて否定したんです」(芸能記者)

 有吉は、6月18日放送の同番組で、「渡部さんって刑務所入ってるの? ずいぶん見ねえけど。何どうしたの? 出てこないけど」などとイジり、7月9日放送回でも「渡部さんのことを言うとすぐネット記事になんのよ。で『渡部のことを思っている、有吉』とかさ。じゃあお前ら復活させてやれよって。お前らが復活しようとしたらイジワルしてるくせに」と話す場面があった。

■2度目の否定で有吉のサポートは「完全消滅」

 7月27日発売の『女性自身』(光文社)でも、9月での番組終了が決まっている『有吉反省会』(日本テレビ系=以下同)の最終回に渡部を出演させようと、有吉がスタッフに提案していると報じていた。

「しかし、当の有吉は8月12日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で“嘘ばっかりだからな。『有吉反省会の最終回で渡部を呼ぶ』。俺が男気出して”“するわけないだろ! なんで俺が助け舟出すんだ”と報道について否定しました。

 そして今回、9月10日の『かりそめ天国』で有吉は改めて否定。2度の完全否定をしたわけで、さすがにもう絶対に、有吉の番組での渡部の復帰はないでしょうね」(前出の芸能記者)

 有吉の番組に限らず、テレビに出られないとなれば、現在はYouTubeでの活動という手段もある。

 前出の宮迫もYouTuberとして大活躍しているのだが、7月2日放送の『おはよう朝日です』(朝日放送)に出演した芸能リポーターの井上公造氏(64)は、渡部について、「“YouTubeには出たくない”というのが本人の思い。YouTubeで復帰しちゃうと、言葉は悪いけど宮迫さん的になるんじゃないかという感じがあるみたいです」と内部情報を語った。

「井上氏の言葉を考えると、渡部さんはテレビタレントとしての復帰しか望んでいないということでしょう。そうは言っても、友人で、冠番組を多数持ち、今、テレビ界で圧倒的な影響力を持つ有吉さんのサポートがいっさい得られないとなると、渡部さんを助けられる存在はほぼいない。

 ただ、たった1つだけ復帰の望みがあるとすれば、有吉さんも口にしましたが、やはり相方の児嶋さんと一緒に、ということでしょう。そして、復帰の場としては、騒動前まではコンビで長年大切に続けてきた『白黒アンジャッシュ』(チバテレ)ではないか、とささやかれているんです」(ワイドショー関係者)

■「1度も検討されていません」

『白黒アンジャッシュ』は、2004年10月に放送が始まり、アンジャッシュがブレイクした2000年代後半以降も放送は継続。渡部が騒動で出演できなくなったため、昨年6月9日から番組は一時休止したものの、同月30日からは児嶋の単独MCで復活し、現在まで放送されている。

「昨年6月7日の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で渡部さんは、番組終了の直前に登場し、その理由として“一番大事な仕事、千葉テレビの『白黒アンジャッシュ』があって”と説明したんです。渡部さんにとっては、キー局の仕事より優先するほど、愛情を注いでいた番組なんですよね。

 有吉さんが言っていたように、相方の児嶋さんが守り続けている番組で、なおかつ制作局の千葉テレビは独立局で、キー局と違って、外部などからの影響を受けにくい。そのため、キー局に比べると出演のハードルがぐっと下がり、ここでなら復帰できる可能性あるのではと言われています」(前出のワイドショー関係者)

 9月14日、本サイトは千葉テレビの『白黒アンジャッシュ』番組担当者に話を聞いた。

――『白黒アンジャッシュ』での渡部さんの復帰の可能性が言われています。渡部さんが復帰することは検討されているのでしょうか?

「渡部さんの復帰は、そもそも昨年6月の報道以降は1度も検討されていません。というのも、アンジャッシュが今は児嶋さん1人だけで活動しています。渡部さんがまだコンビに戻っていない以上は検討のしようがありません。今は、アンジャッシュが児嶋さん単独で活動しているので、1人で番組をやっている状態です。

 渡部さんがコンビに戻ってきたら番組に復帰するか検討するかもしれません。今は児嶋さんが1人でやっていますが、番組名から『アンジャッシュ』の名前を外すようにとは、どこからも言われたことがないんですよね」(番組担当者=以下同)

■「チバテレから復帰を働きかけることはないです」

 番組担当者は続ける。

「その時の状況にもよりますが、もし渡部さんがアンジャッシュとしての活動に復帰して、舞台になるかどうかはわかりませんけど、コンビ活動を続けて世間に認められるようになったり、事務所からの判断があったりしたら番組への出演があるかもしれません。

 巷でもよく、チバテレなら復帰のハードルが低いという話を聞きますけど、チバテレもキー局と同じで視聴者があってのテレビです。視聴者が納得するものを作るというのも、キー局とまったく同じです。仮にハードルが低いとしても、チバテレから事務所や渡部さんに“そろそろ復帰どうです?”と働きかけることはないです」

――『白黒アンジャッシュ』の公式サイトの出演者紹介には児嶋さんしか載っていません。渡部さんは降板という扱いになっているのでしょうか?

「番組としては渡部さんを、“休止”や“降板”といった明確な位置づけをしていません。ホームページに渡部さんを載せていないのは、単純に番組に出演していないからです」

『白黒アンジャッシュ』の番組担当者への取材で分かったことは、児嶋と渡部が再び、アンジャッシュとして活動再開しない限りは、千葉テレビの『白黒アンジャッシュ』への出演もないということだ。

 有吉がテレビ復帰のサポートを2度完全否定し、長年深い関係を築いてきた『白黒アンジャッシュ』への復帰もないことが分かった今、渡部がいきなり、テレビで復帰するという可能性は限りなくゼロになったと言えるだろう。相方の児嶋が渡部を許し、コンビとして舞台などから地道にやり直すしか方法はなさそうだが……。

関連リンク

  • 9/15 8:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます