馬淵優佳「完璧スタイルの水着姿」に覗いた「日本代表の誇り」!バラエティ『クイズ!THE違和感』でも揺るがなかった覚悟とは?

拡大画像を見る

 9月13日放送の『クイズ!THE違和感』(TBS系)に、元飛び込み日本代表で、東京五輪の競泳代表・瀬戸大也(27)の妻である馬淵優佳(26)が出演。『違和感チャレンジ』という企画で、フランス発祥のマリンスポーツ「フライボード」に挑戦した。

 フライボードとは、超強力なポンプでジェット噴射される水の力で浮き上がるボードの上にバランスよく立ち、その勢いを利用して高く昇ったり、回転したりといった感覚を楽しむスポーツ。

「馬淵が挑戦した時は、全身を覆うしっかりした黒いウェットスーツを着ていましたが、インタビューを受ける場面ではスーツを脱ぎ、上半身は水着姿でした。青を基調とした、マーブル模様の競泳水着でしたね。馬淵が過去、2011年の世界選手権に出場した時はマーブル模様でなく花と波を組み合わせた柄の上に紺色の泳ぐ人や無人島の模様が乗っていたものでしたが、色の方向性が似ていました。

 実は彼女が今回着ていた水着は、少し前にも話題になっていたんです」(女性誌記者)

 7月2日、馬淵は東京オリンピックにちなんだ特番『修造&一茂のイミシン~東京五輪へ!やっぱりアスリートはスゴいぞ!SP~』(テレビ朝日系)に出演し、「一夜限りの現役復帰」として、見事な飛び込みを披露。前日にその告知として、自身のインスタグラムでも水着姿を披露していたのだ。

「今回の『クイズ!THE違和感』では“同じ水なんで、得意分野”“一回転くらい回れるかな?”としていた馬淵でしたが、クリア条件の“水面から高さ5mで5秒以上キープ”は達成できず、失格となってしまいました。

 ただ、滞空時間そのものは非常に粘りを見せており、落下した際は、腕をに真上に組んだ飛び込みの姿勢で、実に美しい入水姿でした。“さすがプロ!”とスタジオは大喝采でしたね。馬淵も、“入水だけは選手らしくしようかなって。10点演技目指して、入水しました”としていて、意地を見せた感じですね(笑)」(前同)

■夫は東京五輪で活躍できなかったが…

 馬淵は17年に競泳選手の瀬戸大也(27)と結婚。おしどり夫婦として知られていたが、瀬戸選手は2020年9月に『週刊新潮』(新潮社)に不倫が報じられ、好感度が急落。今年の東京オリンピックでは金メダル候補とされながら、各種目で敗退し、最高で4位に終わるという残念な結果となってしまったのは記憶に新しい。

「今回の『クイズTHE違和感』でも、瀬戸との結婚写真が紹介された際、千鳥のノブ(41)が“華やかに(写真)出すな……”と苦笑していました(笑)。瀬戸選手は公私ともにいまひとつな感じですが、馬淵は今回番組を盛り上げてくれたし、何より相変わらず見事な肉体美を披露してくれました。アピールとして、大成功だったのではないでしょうか」(前出の女性誌記者)

 現役時代と違わぬ見事な飛び込みを披露した馬淵。これからもバラエティ番組の活躍に期待したい!

関連リンク

  • 9/15 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます