2020年逝去…『コンフィデンスマン』でも意気投合の「三浦春馬さんと竹内結子さん」2人に「気になる共通点」

拡大画像を見る

 昨年の9月27日、竹内結子さん(享年40)が突然、自宅でこの世を去ってからまもなく1年になる。9月14日発売の『女性自身』(光文社)では、竹内さんの夫である中林大樹(36)の現状や、竹内さんのお墓の問題などについて報じた。

「竹内さんの死後、中林さんは役者を休業して、2人の子供を守っているそうです。

 そして、親戚の証言によって、竹内さんのお墓がなく、納骨もまだしていないことが明らかになったんです。竹内さんと中林さんの所属事務所によると、現在の中林さんは自宅で竹内さんのお骨に大好きだったビールをお供えしていて、納骨は家族で相談して、時期が来たら納骨する考えだといいます。この話を聞いていると、三浦春馬さん(享年30)のことが思い出されますね……」(女性誌記者)

 三浦さんも昨年7月18日に急逝。世間に激震が走ったが、その後、実母との確執と絶縁と入れ替わるように、実父と交流していたことなどが報じられてきたが、問題の1つに「遺骨の行方」があった。

「お骨は三浦さんの実母Aさんの手に渡り、当時は“私が齢を重ねて具合が悪くなるまでは、春馬だけを納骨することはしないと思う”としていましたが、今年7月15日発売の『週刊文春』(文藝春秋)でAさんは“納骨はまだできていませんが、息子の在りし日を偲びながら、これからは静かに暮らしていきたいと思います”としていて、やはりまだお墓に納骨されていないことを明らかにしたんです。

 ちなみに、こうした墓を立てず遺骨を自宅に保管して供養すること自体は“自宅供養”と呼ばれる、正当な行為です」(前同)

■『コンフィ』で息の合ったアドリブを見せていた

 三浦さんと竹内さんは、2019年公開の映画『コンフィデンスマンJP―ロマンス編―』で“天才恋愛詐欺師のジェシー”と“氷姫と呼ばれる香港マフィアの女帝になりすましていた詐欺師・スタア”として、初共演。同じ役で出演した翌20年公開の映画『プリンセス編』が最後の共演となってしまった。

「7月23日公開の『プリンセス編』を目前に三浦さんが急逝し、そのわずか2か月後に竹内さんも急逝。訃報当時、『ロマンス編』のメイキング映像では“バニラでよかったよ。これ以上ないスイート感だ”に“私たちも結構、スイートじゃない?”と返すなど、仲睦まじい感じのセリフを互いにアドリブで引き出す場面が、あらためて話題になっていましたね」(制作会社関係者)

 2人はこの撮影を通じて意気投合し、昨年9月29日付の『日刊ゲンダイDIGITAL』によると、2019年2月の竹内さんの再婚のニュースが流れた際は、真っ先にお祝いのメッセージを送ったともいわれており、まるで姉と弟のような関係だったという。

「2022年1月14日公開の続編『英雄編』も、本来ならジェシーとスタア、すなわち三浦さんと竹内さんに焦点を当てたストーリーが予定されていたといいます。今年2月9日号の『女性自身』では準備稿の時点では2人の過去映像を利用したり、“いまごろ、ジェシーはどこで何をしているのかな……”“スタアはきっと、また大がかりな仕掛けを準備しているんだろうね……”という風にダー子(長澤まさみ)らが語る、ことで存在を示唆すると報じられていました」(前出の女性誌記者)

 お墓にはまだ入っていない竹内さんと三浦さん。2人の魂が安らかであることを願う。

関連リンク

  • 9/15 7:23
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます