ミュラー&レヴァンドフスキ弾のバイエルンが完勝…バルサは攻撃の糸口見出せず

拡大画像を見る

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループE第1節が14日に行われ、バルセロナ(スペイン)とバイエルン(ドイツ)が対戦した。

 序盤こそバルセロナがボールを支配するも、試合は徐々にバイエルンペースに。バイエルンは19分、レロイ・サネが相手のこぼれ球をダイレクトで狙う。しかしこれはバルセロナの守護神マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが片手でセーブしゴールを割らせない。

 27分のバイエルンは巧みなパス回しからジャマル・ムシアラがゴールを狙う。しかしジェラール・ピケが体を張ったディフェンスで堅い守備を見せる。

 先制したのは34分のバイエルン。巧みなパス回しからミュラーがミドルシュートを狙う。相手DFに当たってコースが変わるとGKの逆サイドに吸い込まれゴールネットを揺らした。

 1点ビハインドで後半を迎えたバルサは50分、セルヒオ・ブスケツがミドルシュートを狙う。鋭いシュートはわずかに左に外れ、ゴールとはならない。

 バイエルンは52分、サネがゴール前まで侵入し強烈な左足シュートを放つ。しかし再びGKテア・シュテーゲンがゴール前に立ちはだかる。

 それでも56分のバイエルンはムシアラのシュートがポストを叩くと、最後はロベルト・レヴァンドフスキが押し込んで2点目を挙げた。

 攻撃の手を緩めないバイエルンは85分、セルジュ・ニャブリのシュートがポストに当たるとセカンドボールをレヴァンドフスキが拾う。最後はDFを交わして冷静なシュートを決めて3点差に突き放した。

 試合はそのまま終了し、攻撃の厚みを見せたバイエルンが3-0で完封勝利を収めた。一方のバルセロナは枠内シュートが0に終わり、攻撃に多くの課題を残した1戦となった。

【スコア】
バルセロナ 0-3 バイエルン

【得点者】
0-1 34分 トーマス・ミュラー(バイエルン)
0-2 56分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
0-3 85分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)

関連リンク

  • 9/15 5:49
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます