菅義偉首相周辺のリークか――総裁選と眞子さま、小室圭さんの「慶事」報道の関係

拡大画像を見る

 今週の注目記事・第1位「<婚約>前から小室家通い 眞子さま暴走婚<全内幕>」(『週刊文春』9/16日号)「『眞子さま』<暴走婚>で『皇室』崩壊」(『週刊新潮』9/16日号)「眞子さま待ち受ける『これだけの試練』」(『週刊朝日』9/17日号)

同・第2位「『次の総理』の正体<河野太郎><三つの落とし穴>は」(『週刊文春』9/16日号)「一寸先は『総裁選』の闇/『河野太郎』変人伝説」(『週刊新潮』9/16日号)「河野太郎と石破茂の暗闘の行方」(『サンデー毎日』9/19日号)

同・第3位「鬼龍院翔電撃結婚の裏で捨てられた10年恋人がいた」(『週刊文春』9/16日号)

同・第4位「タマホーム社長が強制する『ワンモアベイビー』」(『週刊文春』9/16日号)

同・第5位「アンミカ夫に助成金<不正受給>疑惑」(『週刊文春』9/16日号)

同・第6位「知られざる原節子-7回忌、叶えられなかった汚れ役、引き裂かれた愛」(『週刊新潮』9/16日号)

同・第7位「川端康成が愛した豪華別荘『取り壊し』の危機」(『フライデー』9/24日号)

同・第8位「深田恭子電撃復帰の憂慮」(『週刊新潮』9/16日号)

同・第9位「桑子アナ・小澤征悦 小澤家<不協和音の戦慄>」(『週刊文春』9/16日号)

同・第10位「10分で届くスーパーが登場」(『AERA』9/20日号)

 今週は現代とポストが合併号でお休み。

 まず最初は、世の中がスピード化しているといっても、注文して10分で配達してくれるというのは、ありがたいのか早すぎて困るというべきか。

 AERAによれば、「即配」を売りにするスーパー「Oni GO」(オニゴー)が、東京・目黒にあるとのこと。8月26日にオープンした学芸大学駅近くにある1号店は、お客が入って選べるわけではない。こうした店を「ダークストア」というそうだ。

 約130平方メートルの中に、生鮮食料品やお菓子、ドリンクのほかに洗剤やオムツなどが置いてあるという。

 お客は専用アプリを使って注文し、決済もスマホで行う。配達を担うライダーたちはわずか10人。

 お客が注文のボタンを押すと店内のブザーが鳴り響き、ピッカーといわれる商品の収集、梱包担当の腕に装着した端末に、商品の画像と棚の番号が表示される。ピッカーの女性は、商品が多い場合でも2~3分以内で梱包するといっている。

 カバーする範囲は店から1~2キロ。販売対象は約5万世帯。狭いエリアに住宅が密集していることと、坂道が少ないことで、ここを1号店にしたという。

 最高経営責任者の梅下直也は、こうした即配ビジネスは急速に伸びると見ていて、年内に1号店の近隣に25店を出店するつもりとのこと。年中無休で開店時間は朝10時から夜10時まで。

 あれば便利だろうが、昔のピザ配達のように、30分以内に届けるのがキャッチフレーズで、急いだ配達のバイクが事故をちょくちょく起こしたということにならないか。

 気を付けてもらいたいものだ。

 結婚といえば、文春が、小澤征爾の息子で俳優の小澤征悦とNHKの桑子真帆アナが結婚したが、小澤家内で不協和音が囁かれていると報じている。

 読んでみたが、どうということはない。征悦は父親・征爾の誕生日である9月1日に、父親の目の前で指輪の交換したかったのだが、父親は前日、「セイジ・オザワ松本フェスティバル」のリハーサルのため長野県松本市にきていたというのである。

 征爾は2010年に食道がんの手術を受けて以来体調がよくなく、その後、腰の骨を折る、大動脈弁狭窄症の手術などで、移動は車椅子になっているようだ。

 息子の征悦は松本行に反対したそうだ。それに、テレビでコロナのため県外移動はしないでくれといっている桑子も行くわけにはいかない。

 9月3日に無観客で行われた演奏会で、「征爾氏は、久々に触れるオーケストラの演奏に涙を流していた」(文春)という。

 不協和音ではなく十分にハモっているではないか。無理に波風を立てようというのはよくないよ、文春さん。

 さて、深田恭子(38)の早すぎる復帰を危ぶむ声があると新潮が報じている。

 彼女が適応障害と診断され、休養を発表したのが5月26日。それがわずか3カ月で、来年度のカレンダーの撮影で復帰するというのである。

 ホリプロはもう少し休ませたかったが、深田本人の意向だそうだ。だが、適応障害は回復に時間がかかるといわれる。テレビなどの制作側は、完治したという確証を得られるまで様子を見るそうだ。そんなに急がなくても「深キョン」の名をファンは忘れないよ。

 ところで、フライデーが長野県軽井沢町の万平ホテルの裏手にある川端康成の別荘が、取り壊しになりそうだと報じている。「幸福の谷」といわれる一等地にあり、地上2階、地下1階、築80年を超える木造家屋である。

 今年2月に管理していた川端の親族が亡くなり、それを買った不動産業者が取り壊して新たな邸を建設するため、取り壊されるそうである。地元住民から反対の声が強く、移築して博物館のようにして公開するという案も出ているそうだ。だが、町議会も議論はしているようだが、先立つものの目途が立たないのだろう。

 私が講談社に入社して2年目に川端が亡くなった。鎌倉の川端邸で葬儀が行われ、私は裏口を見張るようにいわれた。

 そこから入ってきたのが吉永小百合だった。熱烈なサユリストの私は、彼女を受付まで案内する間、小百合の横顔を見続けていた。川端というとあのときのことを思い出す。

 写真で見る限り古いがいい雰囲気のロッジ風別荘である。私に有り余るカネがあれば、購入して暮らしてみたいものだが。

 小津安二郎の映画といえば原節子である。監督と女優という関係だけでなく、男と女の間柄だったという噂は今も、多くの映画ファンに知られている。

 小津の死を機に原は引退して、表舞台に一切出てこなかったことが、それを裏付けていると見る者も多い。原節子が亡くなって今年が7回忌になる。

 ノンフィクション作家の石井妙子が、耐え忍ぶ女性を演じてきた原だったが、実像は、「烈しく強い女性」だったと新潮で書いている。

 小津とのロマンスは、女性関係が多かった小津から世間の目をそらすため、松竹が流した噂だった。原は結婚しなかったが、脚本家の清島長利が無名の助監督の時代、深く愛し合い、結婚を望んだことがあったという。

 だが、会社(松竹か?)に無残に引き裂かれてしまった。

 原は小津映画で自分が演じたヒロインには「共感しきれない」と語っていたという。

 つい先日小津安二郎の『晩春』(1949年公開)を観た。

 妻に先立たれた56歳の大学教授(笠智衆)が、年頃を過ぎても結婚しない一人娘(原節子)を説き伏せ、ようよう結婚することを承諾させる。

「お父さんとこうしているときが一番幸せなの」という娘に父親は、「そりゃちがう」といい、結婚は2人でつくり上げていくものだ、それが人間生活の順序というものだ、「幸せは待っているものではなく、つくりだすもんだよ」といい含める。

 ようやく結婚した娘を東京駅まで送った父親は家に戻り、籐椅子に座ってリンゴをむく。皮が足許に落ち身体が前に傾く。

 小津は笠に、そこで号泣しろと命じたそうだ。だが笠は、それはできないと拒んだという。笠が正しかった。寂しさと哀しさがない交ぜになった父親の孤独が、観る者の心に沁みわたり、深い余韻を残す。

 さて、アンミカ(49)という女性はモデルだそうだが、テレビの情報番組で不倫から政治まで、歯に衣着せぬ物いいが評判らしい。

 今年の6月に、経産官僚2人がコロナ関連の給付金をだまし取った事件でも、「ほんまに大バカタレ!」と怒りを爆発させたそうだ。

 だが文春は、彼女の亭主でアメリカ人実業家のセオドール・ミラー(50)にも、助成金不正受給疑惑があると報じている。本当ならシャレにならない。夫はイベント制作会社「エンパイアエンターテイメントジャパン」社長で、取引先には電通やGoogleがあるそうだ。

 コロナ感染拡大でイベントが少なくなり、20年3月末からリモートワークが始まり、社員たちには勤務日数の削減がいい渡された。さらに週2日の休業日には、「職業訓練のオンライン講座を見るように」と指示されたというのだ。

 文春によるとそれは、会社が雇用調整助成金をもらうためで、上限は1日1万5000円。従業員に動画研修やオンライン研修などを受講させると2400円が加算されるという。緊急事態宣言が明けた7月からは通常業務に戻り、寝る間もなく働いたが、社員が7月の給与明細を見ると休業日数が「21」、8月と9月には「20」と印字されていたそうだ。

 この社員、帳簿上は多くの人間が休んでいたことになり、会社が助成金を受け取っていたとしたら、不正行為にあたるのではないかと話している。文春の直撃に、ミラーは逃げたが、会社は、「現在、社内において事実関係の調査を行っている」と答えているようだ。

 アンミカも、「然るべき手順で、きちんと疑惑を払しょくするべき」だと答えているが、事実だとしたら、自分が出ている番組で「ミラーの大バカタレ」というのだろうか。

 またまた「タマホーム」の玉木伸弥社長の話である。

 8月26日に株主総会があったそうだが、リモートだったため玉木は会場には姿を見せず、「(文春の)報道を鵜呑みにしないで下さい」といっていたという。

 文春によれば、2015年に玉木が主導して立ち上げた公益財団法人に「1more Baby(ワンモアベイビー)応援団」というのがあるそうだ。

 電通などが応援企業になり、理事長は元少子化対策担当相の森雅子参院議員。社員は強制的にバッジを着けさせられる。2018年の合宿形式の新入社員研修で玉木は、「タマホームで働き続ける人は挙手を」といった。

 すると女性社員に玉木は、「そんなことはないでしょう。(中略)あなたたちはこれから働いて、その中で結婚相手を見つけ、結婚して子どもを産むはず」といったという。さらにこういい放った。

「女の幸せは、結婚をして子どもを産むことです!」

 この男には、3000人超の社員の中には、不妊で苦しんでいる人も様々な理由で子どもをつくれない人もいることなど、想像もできないのだろう。

 何度も差別発言を繰り返して顰蹙を買っている、化粧品大手「DHC」の吉田嘉明会長もひどいが、玉木社長はその上を行くかもしれない。

 ところで、好きな女性と結婚したのに、それまで付き合っていた彼女とも付き合い続ける。

 世の中にはよくあるケースのようだが、私にはその心理がよく分からない。私でさえ、カミさんと結婚したときは、それまでの彼女と別れ、競馬断ちも1年やった。しばらくして両方ともグズグズになったが、人間には一応ケジメというものがなくてはいけない。

 ゴールデンボンバーのフロントマン鬼龍院翔(37)にはそれがなかった。

 文春によれば、「モテなかった恨みで生きている」と長い恋愛不遇時代を過ごしてきた男が、2012年に『女々しくて』が大ヒットしてから一般女性と知り合い、9月4日電撃的に結婚を発表した。

 だが、鬼龍院は10年以上前の超不遇時代、年下の女学生と知り合い、男女の仲になっていた。

 文春がそれを察知し、彼は結婚後も彼女との仲を清算できずにいると報じた。早速、鬼龍院は謝罪する羽目になったのである。ケジメつけずにミジメ鳥。

 この国には四季の移ろいを楽しむ伝統があった。地球温暖化の影響なのか、しばらく前から春と秋がなくなってきている。

 今年はそれがさらに顕著になってきていて、夏が始まったと思ったら長い梅雨が続き、夏も短く、8月後半からは秋雨と曇天ばかりで、青空も夜空を煌々と照らす月光も見ることが叶わない。

 いい古された異常気象などではなく、天変地異の起こる前触れのようである。

 そんな中、菅首相の辞任は雲に覆われた空から降り注いだ一筋の光明に思えた。だが、ポスト菅を巡る顔ぶれを見ると、この国を覆う黒雲が一掃されることはまだまだないのだと、暗澹たる気持ちにならざるをえない。

 初代の伊藤博文から数えて、次の首相は100代目になるそうだが、節目にふさわしいと思える候補は皆無である。共同通信などの世論調査では、河野太郎の支持率がトップらしいが、文春によれば河野には「3つの落とし穴」があるという。

 一つ目は、先週の文春が報じたように、官僚たちをバカ呼ばわりするパワハラ体質。文春によれば、河野の親分である麻生太郎も「河野は役人にパワハラをするから、チームとしては戦えない」とこぼしていたという。

 だが河野は、麻生や上の者には歯向かわないそうだ。そんな人間に有能な仲間ができるわけもないから、首相になったら「一体、どう組閣するのか」(政治部デスク)といわれる始末。

 強いて挙げれば小泉進次郎環境相だそうだが、彼は菅が辞任すると、「こんなに仕事をした総理はいない」と記者たちの前で涙を流し、顰蹙を買ってしまった。

 2つ目は、脱原発を標榜していることだというが、心配はいらない。9月8日に問われた河野は、「安全が確認された原発を再稼働していくのはある程度必要だ」と答えている。

 首相になるためには主義も主張もかなぐり捨てる。3つ目は菅だと文春はいう。たしかに、菅からワクチン担当大臣に指名されたが、ワクチン確保にも失敗し、いまだにワクチン接種も道半ばだ。菅のコロナ対策を批判するなら、河野も批判されて当然だろう。

 新潮は、河野は麻生に、「菅首相にいわれて出馬を決意した」といったそうだ。菅首相傀儡政権など、麻生ならずとも認めるわけにはいかない。

 付け加えれば、河野一郎、河野洋平と、あと一歩というところまできながら首相になれなかった家系であることと、父親・洋平との仲があまりよくないという噂があることだ。多くのフォロワーがいるといわれるツイッターも、気に食わないコメントをかき込む奴はブロックしてしまう偏狭なところも、首相としての器なのかはなはだ疑問である。

 文春は野田聖子についても触れているが、今のところ出馬するための推薦人20人を集めるのに苦労しているようでは、立候補はおぼつかないだろう。

 高市早苗はどうか。安倍前首相の覚えが目出度いウルトラタカ派。安倍の経済政策を丸ごと引き継ぎ「サナエノミクス」と称するようでは、リーダーになる資格なし。

 資格がないという意味では岸田文雄も同じだ。二階幹事長を切ると宣言したところまではよかったが、菅が辞任してしまったら目標を失ったのだろう、口は達者だが内容はお粗末のひと言。

 中でも、9月2日にTBSのBS番組で森友学園問題について聞かれ、「国民が納得できるまで説明を続けることが大事」だと語ったのに、おそらく、安倍からクレームがついたのだろう、文春の直撃に色をなして、「言明していない! 私は『説明します』と言ったんです。調査はもう行政がやって、いま裁判やっているわけです。結果を踏まえ『必要であれば丁寧に説明します』と言っている。かなり誤解を招き、私もちょっと困っておりますので。はい!」と、いい訳をしている。

 高市同様、安倍の使い走りでしかない。こんな人間が万が一首相になれば、菅よりも始末が悪い。

 こうした中では、やや評価している石破茂が、これを書いている時点でも出るのか出ないのかハッキリしない。

 新潮によれば、推薦人も足りないが一番足りないのはカネだそうだ。9月上旬に石破の派閥・水月会(石破を入れて17人)は家賃30万円のところから、約10万円、築47年で広さ22平方メートル、「新入社員の住まい」(新潮)のような事務所へ移ったそうだ。

 石破は、今回は出馬を断念して河野の支持に回り、党の要職に返り咲くことを考えているといわれている。新潮でさえ、「反主流派を貫いてきた石破氏には、勝ち馬に乗って再起を図るより、5度目の正直を目指してほしいが」といっている。

 文春で政治部デスクも、「この局面で出馬しなければ“首相候補”としての石破氏は終了するでしょう」と尻を叩く。

 石破は9月9日のTBSの番組で、森友学園問題をめぐる財務省の決裁文書改ざんについて、再調査が必要だとして、「国民の納得のために必要なことであれば、やらなければいけない」と述べたという。

 外野で吠えていないで、総裁選に堂々と出て自ら権力をつかみとり、数々の安倍前首相の疑惑を解明してほしいと思う。私は、石破首相–河野幹事長という形が望ましいと考えているのだが。

 サンデー毎日で政治ジャーナリストの鈴木哲夫も、3回生議員から聞いたとして、石破と河野の両方が出るのがいいという。

 そして河野が勝てば石破が幹事長、石破が勝てば河野幹事長にすれば、「政府と与党で初めていろいろな改革ができる」といっている。

 だが、自らをドリアンと称し、強烈な臭いを発してとがっている河野が、石破の下で動けるか心配ではあるが。

 さて今週の第1位は、読売新聞のスクープで明らかになった秋篠宮眞子さんの結婚問題である。

 どうやら、読売新聞にリークしたのは菅首相周辺のようだ。これまた、総裁選に有利なように「慶事」をぶち上げたようだが、その甲斐もなく辞任に追い込まれた。

 こちらは破談にならないことを祈る。

 先週、秋篠宮眞子さんの結婚が本決まりになったと紹介した。しかし、その後の女性週刊誌や文春、新潮のバッシングが物凄い。

 中でも文春は、眞子さんは婚約前から、横浜北東部にある小室圭の2DKのマンションに、何度も通っていたと“暴露”したのである。

 最初に訪れたのは眞子さんが英国留学を終えた後だという。

「女性は自らの両親にも、彼の紹介を済ませていた。彼からはすでにプロポーズを受けていたし、その後、英国に留学したときにも、彼は大型連休を利用して会いに来てくれた。帰国後、ようやく彼の自宅を訪れることができたのだ」(文春)

 文春によれば、2人が出会ったのは2012年6月、20歳の時。交換留学生の説明会で小室圭と言葉を交わした眞子さんは、翌7月に初デートしたという。

 しっかり者だが「激しいご気性」(文春)の眞子さんが、唯一甘えられる相手が圭だった。

「眞子さまは交際開始から早い段階で結婚を意識され、その思いに小室さんも、すぐに応えられたのです」(秋篠宮家関係者)

 翌年の2013年12月に小室圭はこうプロポーズしたという。

「将来、結婚いたしましょう」

 英国留学のときはかなり自由にデートできたようだが、帰国してからは外で会うわけにはいかなかった。

「人目を憚ったのか、お二人の逢瀬は“おうちデート”が多く、(中略)小室さんが秋篠宮邸に遊びに来るときは、眞子さまの部屋で二人きりで“おこもり”状態になることもあったそうです」(宮内庁関係者)

 愛は順調に育まれていった。だが、小室圭の母親・佳代と元婚約者との金銭トラブルが報じられ、婚約が延期になる。小室圭は弁護士資格を取得するためにニューヨークへ行ってしまうが、毎日やり取りはしていた。

 新潮は、佳代の知人がこう語っていると報じている。

「佳代さんは『圭と眞子さまは、いつもスカイプを使ってやり取りしています。圭は画面の眞子さまに“君はいつでも可愛いね”と話しかけているんですよ』とも自慢していました」

 口の悪い新潮は「さながらジゴロの口上」だと評している。

 結婚が決まった2人は、もはや週刊誌の悪口など気にすることもないが、宮内庁からの正式な発表はいつになるのだろう。

 日曜日、9月12日は眞子さんの母親・紀子さんの誕生日であった。そこで結婚について何か話があるのではと記者たちは期待したが、週刊女性PRIME(9/8〈水〉19:42配信)によると、

「今年のご回答は昨年のものとほぼ同じ内容で“長女の気持ちをできる限り尊重したい”、“(結婚に関する)見通しなどの言及は控える”といったニュアンスのものでした」

 私は、10月23日が眞子さんの誕生日だから、それまでに入籍するのではないかと見ている。宮内庁はその前に小室圭を帰国させ、2人で会見をさせるという話もあるようだから、来週にも正式な発表があるのではないか。

「暴走婚」「追い出し婚」といわれても、2人は愛を貫き通した。ニューヨークへ旅立つまでには、皇籍離脱、戸籍づくりなどやらなければいけないことがいくつもある。そのため、秋篠宮家を出て都内のマンションにいったん仮住まいをするのではと報じられてもいる。

 どちらにしても、今年のクリスマスはニューヨークで迎えることになる。唯一の心配は、母親・佳代がニューヨークへ行く用意をしているといわれることだ。若い2人の邪魔はしないほうがいい。

 週刊朝日もページを割いて、これについて詳しく触れている。中でも、小室圭の弁護士としての将来に暗雲が、というところが興味深い。

 アメリカの有名弁護士グループのA氏を引っ張り出して、小室圭からの入社依頼を断ったといわせている。

 全米トップ100と呼ばれる大手弁護士事務所(ビッグロー)のパートナー弁護士Aがいうには、昨年の秋ごろある弁護士を通じて小室圭から「働かせてほしい」と、経歴書のようなものが送られてきたそうだ。

 小室は、ニューヨークなど大都市の弁護士の仕事を探していて、ビッグローかミッドローでM&Aの仕事をやりたいと書いてきたそうだ。

 だがAは、小室圭は弁護士になるために必要なJDコースに入らず、LLMのコースに入り、1年後にJDに編入していることを問題にしている。

「米国での就職活動は、2年生の終わりの夏休みで終わります。事務所のサマープログラム(インターン)で働き、その後よほどのことがない限り、その事務所からオファーを受けて就職します。どの事務所のプログラムに入れるかは、1年時の成績で決まります」

 ビッグローのインターンの募集はハーバードやエール、コロンビアといった有名大学から来る成績優秀者を絞っていくそうだ。競争はし烈だが、インターンに採用された学生には1年目から2000万円以上の給与が支払われるという。

 その点、小室圭の経歴には、目を見張るものがなかった。あるのは「眞子さまのフィアンセという一点」だけ。

 M&Aを扱っている弁護士事務所の70%超はトップ100が扱っているので、小室圭はM&Aにこだわらないほうがいいともいっている。眞子さんは約1億4000万円といわれる一時金を辞退するようだが、眞子さんが働いて家計を助けるという選択肢はあるのだろうか。

「若くて職歴がほとんどない場合、米国ではいきなりどこかに就職するというのは難しいです。インターンなどを経て、初めて同じスタートラインに立てます。眞子さまとはいえ、すぐに仕事というのは難しいのでは」(ニューヨーク在住のジャーナリスト津山恵子)

 いいこともある。津山がいうには、アメリカでは小室圭には関心がないが、眞子さんを応援している人は多いというのである。メーガン妃の父親もトラブルメーカーだったが、大事なのは本人だからだ。

 秋篠宮眞子さんの場合、結婚=おめでとうとならないところが残念ではあるが、私は精一杯祝ってあげるつもりでいる。(文中敬称略)

  • 9/14 17:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます