フジテックスのクレカ決済機能付き「薬受け渡しスマートロッカー」、タカラ薬局で運用開始

拡大画像を見る

 フジテックスは9月に、同社が取り扱うクレジットカード決済機能を搭載した非対面式受け渡しロッカーシステム「スマートロッカー」が、タカラ薬局で調剤薬局として初の運用を開始したことを発表した。

 タカラ薬局では、服薬指導後にスマートフォンへQRコードと暗証番号が通知される。通知されたQRコードを「スマートロッカー」にかざすか、暗証番号を入力することで薬を受け取ることができる。
 なお、調剤薬局における、薬の受け取りのための決済機能付きロッカーの導入は、タカラ薬局が初となる。
 「スマートロッカー」は、業務の非対面化を可能にするロッカーで、新たな顧客との接点構築や、ブロックチェーンを駆使した遠隔での非対面管理を可能にし、小売店、クリーニング店や調剤薬局での商品受け取り、レンタカーサービスのカギの受け渡しおよび預かりなどに利用できる。
 初期導入費用は、メイン基盤(基盤+ロッカー5~6個)で80~100万円程度(基本料金、搬送費などを含む)。月額のクラウド利用費は数千円程度。

関連リンク

  • 9/14 16:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます