山下智久が「新しい地図」を猛追!? ジャニーズ事務所退所組の“”勝ち組の頂点“に? 大手事務所がバックアップか

拡大画像を見る

 2020年10月いっぱいでジャニーズ事務所を退所した山Pこと、俳優で歌手の山下智久だが、ここに来て一気に攻勢をかけている。

 まずは初の写真集『Circle』(11月25日発売、講談社刊)の発売を発表。

「100年後に残るタイムレスな表現」を追求した内容で、ポーランド出身の写真家マチェイ・クーチャ氏が撮影。大自然の中で裸の肉体美を披露した写真もあり、予約特典も満載だ。そして5日にはYouTube公式チャンネルを開設。同チャンネルでは、同日に行われたオンラインライブ『Beautiful World』のティザー映像を公開。

 山下の公式サイトでは、チャンネル開設とともに《ミュージックビデオやライブ映像など、さまざまなコンテンツを配信していきますので、ぜひチャンネル登録をお願いします》とPRしている。

 そして、配信初解禁となる楽曲『Beautiful World』を15日にリリース。同曲は、国内のみならず、海外でも活躍し実績を積んでいるプロデューサー・UTA氏を迎え制作。各種配信プラットフォームにてリリースされるという。

「山下は、ハリウッドスターのウイル・スミスの関連会社とエージェント契約を結んでました。独立後、なかなか国内作品のオファーはなさそうで、その会社のとった仕事を中心に俳優業のみをこなすかと思われていました。しかし一部報道によれば、すでにその関係は解消となり、変わって国内の大手事務所の幹部が、山下の案件を受け始めているようです。独立からまだ1年も経っていない中でに着々と準備を進め、YouTubeを立ち上げ歌手活動も再開。たまたまでしょうけど、ジャニーズ事務所の藤島メリー泰子名誉会長が亡くなり、ジャニーズの権勢が揺らいでいるタイミングでの攻勢となりました」(音楽業界関係者)

 ジャニーズの退所組では、元SMAPで「新しい地図」として活動する稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人が地上波復帰を果たし、CMにも出演するなど活躍中。ジャニーズを退所した〝勝ち組〟の頂点に位置していると思われるが、山下が猛追しているようだ。

「山下の映像作品のギャラは、日本とはケタ違い。おまけに、今年3月には、高級宝飾品ブランド・ブルガリのアンバサダーに日本人男性として初めて就任するなど、デカい仕事がどんどん入ってくる。すでに、『新しい地図』の3人の稼ぎを超えたか……という声もあります」(芸能記者)

 おそらく、すでにジャニーズ時代の年収を上回ってしまったはずだ。

  • 9/14 8:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます