ノイアー、メッシのいないバルサを警戒「対戦チームにとって馴染みのない状況だ」

拡大画像を見る

 バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは13日、チャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦に向けた意気込みを語った。

 14日、CLグループステージ第1節で敵地カンプ・ノウに乗り込み、バルセロナと対戦するバイエルン。2シーズンぶりのCL制覇を目指すドイツ王者は、ユリアン・ナーゲルスマン新監督のもとで、一昨シーズンに8-2という歴史的大勝をしたチームを相手に好スタートを狙う。ノイアーは一昨シーズンの試合にも言及しつつ、ビッグマッチを前にした心境を語っている。

「僕らはもちろん、2020年の試合のことも絶対に忘れない。だがこれはグループステージでの新たな2試合で、僕らは2つのビッグマッチを楽しみにしているよ。CLが開幕するクラッカーとなると言える試合で、今シーズンの大会で旅を始められることにワクワクしている」

 また、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがいなくなったバルセロナについては、「もうメッシがいなくなったため、その分選手たちはより大きな責任を担おうとするだろう。これはバルセロナのすべての対戦チームにとって馴染みのない状況だ」と、新生バルセロナへの警戒を示した。

関連リンク

  • 9/14 10:16
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます