カレーの人気な食べ方「ミールス」って何なの?

拡大画像を見る

 日本人が大好きなカレーライスですが、最近では“おうちごはん”の機会が増えたためか、いろんな食べ方が注目されているようです。

 中でも、南インドの伝統的なカレーの食べ方「ミールス」が人気。これは、数種のカレーや総菜が小さな銀色の丸い容器にいくつも収まっていて、米と一緒にいただくというもの。ベジ(菜食)料理メインの定食スタイルなので、女性にはうれしいですね。

 また、ご飯にいろんなカレーや総菜をまぜて少しずつ食べていくので、「ワンプレートでいろんな味が楽しめるのがうれしい!」と好評のようです。

 南インドのカレーは油脂が少なくて意外とあっさり味、サラッと食べやすいといわれます。ヨーグルトが添えられていることもあり、それを最後の締めとしてご飯に混ぜて食べることも。この辺りは、日本人にとって新鮮かもしれませんね。

 最近では、ネット通販でミールスセットを販売しているインド料理屋もあるので、お取り寄せして試してみるのもいいかもしれませんね。

関連リンク

  • 9/14 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • トリトン

    9/14 13:24

    日本のカレーはイギリス経由の海軍のこぼれないこぼれないようにするためにできたカレーだからインドのカレーとは根本的に違いますよ。インドではあっても日本にはないのでは?でもインドのなんは美味しいから大好き♥️

  • あきひろ

    9/14 12:19

    さも何か新しいものみたいにご紹介されてますがインド料理とか行けば普通に出てくるやつやろ日本のカレーライスは全く別物同列にかたるなや。

  • トリトン

    9/14 11:59

    ⬇️なんとその頃から進んでいたのですね感心しました、その頃はかけるものだと思ってました、せいぜいスプーンに紙フキンに包んでレストランみたいにしてたのとカレーの銀の入れ物にいれてたぐらいですね。

記事の無断転載を禁じます