田中圭が女優に言われた「体が好き」生々しすぎるひと言!!過去に「何もない体」と言われた女優とは?

拡大画像を見る

 9月8日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、田中圭(37)がTOKIOと大好きなバスケに興じた。今回、田中とTOKIOは、フリースローシュートを外したら、カメラ目線で恥ずかしい質問に回答しなければならない罰ゲーム“バスケットーク”で対決。

 最初に挑戦した松岡昌宏(44)はシュートを外し、「人生初デートの場所は?」という質問に「渋谷の宮下公園です。フラれました!」と恥ずかしそうに告白。当時、高校1年生だった松岡は、初デートで相手に「つきあおう」と告白したが、彼女に「前の彼氏に戻る」と言われてフラれたという。この話を「ってな感じで……」とあっさり流そうとする国分太一(47)に、松岡は「ちょっと待って!」「意外に、僕にとっては大切な思い出」と訴え、スタジオの笑いを誘った。

 続いて、城島茂(50)が挑戦。城島もシュートを外し「女性に言われて一番テンション上がっちゃったひと言は?」という質問に、悩みながら「ライブって全然違うんやね」と、普段とライブでのキャラの違いを言われたことを明かした。これに国分は大爆笑。

 松岡も笑いながら「ちょっと待て! おまえは誰をライブに呼んでたんだ」と詰め寄ると、城島は友人がライブを見たいといったので何人か招待した際、その中の1人に「何かテレビと全然ちゃうね!」と言われ、テンションが上がったと説明。しかし、松岡はニヤニヤしながら「今慌てて修正してますよ。絶対1人ですよ。しかも、絶対関西弁じゃない」と、意中の女性をライブに呼んだと推測。城島は観念したのか「そういう時代もありましたよ」と遠い目をした。

 そして満を持して、田中が挑戦。自信満々だった田中だが、シュートは外れ、城島と同じ「女性に言われて一番テンション上がっちゃったひと言は?」という質問に、「体が好き!」と回答。

■生々しい答えに騒然

 この生々しい回答に松岡は「そこまで望んでない!」とツッコミを入れると、田中は10年前から筋トレをしていて「脱ぐ機会もあるじゃないですか。お仕事だったり、なんだったりで。そのときに初めて筋トレしてた体を褒めてもらったんですよ」と、ある女優から「すごいその体好き」と褒められ、うれしかったと照れくさそうに語った。

 これを見た視聴者は「田中圭の体が好きじゃない人類なんて地球上に存在してないよね?」「体が好きは、なんか生々しいw」「バスケやってる姿かっこいいし、あの筋肉は好きになるわ」と盛り上がっていた。

 田中が筋トレを始めたのは10年ほど前で、それまで筋トレは一切していなかったという。筋トレを始めたキッカケはV6の岡田准一(40)と共演した際に、岡田のストイックさに影響され、「さすがに鍛えるくらいはやっておかないと申し訳ない」と思ったためらしい。

 しかしそれだけでなく、筋トレを続ける決定的な理由になったのは、貫地谷しほり(35)から言われたひと言。当時、貫地谷と共演した田中は、誤って着替えを見られたそうだが、そのときに貫地谷から「圭くんって、何もない体だね」と筋肉も脂肪もない体だと言われたことにショックを受け、本気でトレーニングしたという。

「体が好き」と言われるようになったのも貫地谷のおかげ!?

関連リンク

  • 9/14 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます