何だかこの漢字難しそう〜!【倚藉】読めたら最強かも?!

普段は見ないものの、難読漢字は多く存在します。
今回ご紹介する難読漢字は「倚藉」です。

これが読めるあなたは、最強といえますよ。

(1)「倚藉」の読み方


もはや、なんと読むのか見当がつかない「倚藉」。
「きせき」と読めなくはないですが、その読み方は違います。

なんとこの漢字は「いしゃ」と読むのです。
「医者」と同じ読み方を「倚藉」はしています。

読み方に迷ったら、「医者」と同じ読み方であると思い出してください。

(『広辞苑』より)

(2)「倚藉」の意味


「倚藉」とは、「よること。頼ること」という意味です。
あまり見かけない言葉ではありますが、誰かに頼るときに使う言葉です。

人や物に頼る場面が多いでしょう。
そのときの行動が「倚藉」に該当します。

知らないだけで、「倚藉」は日常に密着している言葉なのです。

(『広辞苑』より)

(3)「倚藉」の成り立ち


「倚藉」は、どのような意味で成り立っているのでしょうか。
それぞれの漢字の意味を紐解いていきましょう。

「倚」とは、「よる。よりかかる」「たよりにする」という意味があり、「藉」とは、「かす。かりる」という意味があります。
人や物から困っている人に力などを貸し、頼りにする。

このような意味から、「倚藉」という言葉が成り立っています。
それぞれの漢字は意味をもっているので、バラバラに意味を調べるといいでしょう。

(『広辞苑より』)

(4)「倚藉」の類語


最後に、「倚藉」の類語をご紹介します。
「頼る」「依頼」という言葉が類似しているでしょう。

それぞれの意味をご紹介します。
「頼る」とは、「よりすがること。たのみとする」という意味です。

「依頼」とは、「他人を頼みにしてよりかかること」にいう意味になります。
知識として、ぜひ覚えておきましょう。

(『広辞苑』より)


難しそうにみえる難読漢字の「倚藉」。
意味を知れば、意外と使う場面が多い漢字ではないでしょうか。

誰かになにかを頼む際、「倚藉」を使って周囲を驚かせてみてください。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/13 21:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます