こんなことない??つい夫に【イラついてしまう場面あるある】4つ

毎日を共に過ごすパートナーだからこそ、ついイライラしてしまうこともありますよね。
今回は、世の奥さまたちがつい夫に「イラついてしまう場面あるある」をまとめました。

思わず、「わかる~!」とうなずいてしまうような瞬間が満載ですよ。

(1)デリカシーのない発言をされる



どんなに愛している人だとしても「言われたくない一言」というものがありますよね。
とくに、あなたが妻という存在になると夫側は気が緩み、女性を傷つけるような発言が増える傾向にあります。

「なんか太ったよね」「子どもの成績が悪いのはお前のせい」といったヒドイ発言をされた日には、ブチッとキレてしまうのも仕方がないと言えるでしょう。

(2)「やってもらって当たり前」という態度にイラッ



家事や身の回りの作業に対し、「妻がやって当たり前」という態度を取られると、こちらもイライラしてしまいますよね。
とくに仕事での疲れを言い訳にして、「家にいるときくらい休ませて」「家での作業はお前の役目だ」と主張する男性も少なくありません。

家事や育児はお互いに協力しあい、パートナーへの感謝を常に忘れない、そんな夫婦関係を築きたいものです。

(3)自己中心的に動かれる



「妻や子どもをかえりみず、自分のやりたいこと優先で動く夫にイライラする」という声も挙がりました。
また、時間にルーズでマイペースな夫と行動のタイミングが合わずギクシャクしてしまう、という女性も多いようです。

もちろん、お互いに一人の時間を持つことも大切ですが、ここぞというときは家族としての足並みを揃えてほしい、というのが世の奥さまたちの本音のよう。

(4)話を聞いてくれない



日常のささいなことで、夫に対しイライラしてしまうことがあるはず。
中でも、「話を聞いてくれない夫」へストレスを溜めている女性は多いようです。

常にスマホやゲーム機を片手に持ち、こちらから話しかけても「なにか言った?」と一度で聞き取ってくれない、挙句の果てには開き直って「面倒だから後で話して」と伝えてくる……そんな態度を取られれば誰でも腹が立ちますよね。


一緒に暮らしている夫に対し、ストレスを溜めこんでいる女性は非常に多いようです。
夫にイライラしてしまったときは、美味しいものを食べたり音楽を聞いたりして気持ちを切り替えたいですね。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/13 19:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます