東国原英夫、八代弁護士の謝罪に「他山の石としたい」

拡大画像を見る

 元宮崎県知事でタレントの東国原英夫が13日、ツイッターを更新。八代英輝弁護士が共産党の綱領を巡る発言で謝罪したことを受け「他山の石としたい」と自らに言い聞かせた。

 東国原は八代弁護士がこの日放送のTBS系「ひるおび!」の中で、10日に同番組内で日本共産党について、「まだ暴力的な革命というのを党の要綱として廃止していない」と発言したことについて謝罪したというネット記事を添付。八代弁護士は番組内で「先週の私の発言について、私の認識は、閣議決定された政府見解に基づいたものでした。一方で日本共産党はたびたび否定していることも併せて申し上げるべきでした。申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 東国原は「他山の石としたい」と切り出し「コメンテーターは膨大な情報と知識の中で、限られた時間で集約・要約されたコメントを求められる。言葉足らず・言い間違い・勘違い・認識不足はどうしても生じる」と、自身もコメンテーターとして数多くの番組に出演していることから、改めて気持を引き締めている様子だった。

関連リンク

  • 9/13 16:45
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます