A・アーノルド、プレミア通算35アシストに到達…史上4番目の若さで達成

拡大画像を見る

 リヴァプールに所属するイングランド代表DFトレント・アレクサンダー・アーノルドが、プレミアリーグ通算35アシストを記録した。

 A・アーノルドは12日に行われたプレミアリーグ第4節のリーズ戦に先発出場すると、20分にモハメド・サラーの先制点を演出するなど、フル出場して3-0での勝利に貢献した。

 この試合のアシストでA・アーノルドはプレミアリーグ133試合目にして通算35アシストを記録。データサイト『OPTA』によると、22歳340日で35アシストに到達したのは、元スペイン代表MFセスク・ファブレガス、元イングランド代表FWウェイン・ルーニー、元ウェールズ代表MFライアン・ギグスに次いで史上4番目の若さでの達成となった。

 現在22歳のA・アーノルドは地元リヴァプール出身で、2004年にリヴァプールのアカデミーに入団した。2016年10月にトップチームデビューすると、同年12月にプレミアリーグデビューも果たした。2018-19シーズンには同リーグのDFとして1シーズン最多の12アシストを記録。さらに翌シーズンにはその記録を13に伸ばし、年間最優秀若手選手賞を受賞した。今シーズンは開幕から4試合連続でフル出場し、ここまで2アシストを記録している。

 プレミアリーグで35アシストを記録した最速ランキングは以下の通り。

1位 セスク・ファブレガス(20歳324日)
2位 ウェイン・ルーニー(22歳63日)
3位 ライアン・ギグス(22歳305日)
4位 トレント・アレクサンダー・アーノルド(22歳340日)
5位 デイヴィッド・ベッカム(23歳259日)

関連リンク

  • 9/13 14:32
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます