アンミカ、夫の不正受給疑惑報道に笑顔でコメントも「他人事のような物言い」「どの口が……」非難殺到で“ブーメラン状態”!

拡大画像を見る

 タレントのアンミカ(49)が13日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出演。9日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で報じられた、夫のセオドール・ミラー氏の“助成金不正受給疑惑”についてコメントした。

 『週刊文春』によれば、ミラー氏が経営するイベント会社は、従業員を働かせていたにもかかわらず休業扱いにし、新型コロナウイルス関連の雇用調整助成金を不正に受け取っていたとの疑惑があるという。この日の冒頭でアンミカは「本当にお騒がせしております。夫の『文春』の助成金の不正受給疑惑報道なんですけど」「夫の会社のことなので、ちょっと詳細は把握できていなんですけど、もちろんあってはならないことですので、疑惑払拭すべくきちんと調査、訂正していただきたいと思ってます」と詳細は明かさなかったものの、笑顔で述べていた。

 そんなアンミカに、ネットでは「別にアンミカが悪いわけじゃないが、訂正すればいいって考えは違うんじゃないかな?」「疑惑が発覚してからバイキングまで時間があるんだから旦那に聞けばいいじゃん」「他人事のような物言い」と厳しい指摘が殺到している。

 また、アンミカといえば、ワイドショー出演時にさまざまな不祥事についてバッサリと斬り込む“ご意見番”としても活躍していたことから、「他人のことは疑惑でも追及してたよね?」「さんざん偉そうに他人を糾弾しておいて身内が違法な事してたら、今後はどの口がものを言う?とはなるよね」「結局この人も人には厳しく、身内には甘い」との指摘もあがっている。

「アンミカは今年1月放送の『バイキングMORE』に出演した際、タレントのゆきぽよ(24)の自宅で知人男性が違法薬物を使用して救急搬送された件について“(ゆきぽよは)コメンテーターとして薬物に手を染めた有名人に鋭く切り込んでいた”、“そことの整合性のつかなさに困惑している”とコメント。アンミカもこれまで政治や芸能界のスキャンダルに辛口コメントを連発していたものの、自身の夫の会社の不正受給疑惑については詳細を明かさず、サラッと触れたのみ。ゆきぽよへの発言を踏まえると、“ブーメラン状態”といえるでしょう」(女性誌ライター)

関連リンク

  • 9/13 14:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます