【セントライト記念見どころ】タイトルホルダーが重賞2勝目を狙う

拡大画像を見る

 3着以内馬に菊花賞の優先出走権が与えられるトライアル。タイトルホルダーに注目したい。日本ダービー・6着から巻き返して重賞2勝目なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■9/20(祝月) セントライト記念(3歳・GII・中山芝2200m)

 タイトルホルダー(牡3、美浦・栗田徹厩舎)は3月に弥生賞ディープ記念を勝利し、続く皐月賞でも2着と活躍。日本ダービーは6着と涙をのんだが、府中の瞬発力勝負では分が悪かったか。秋は得意の中山で始動。重賞2勝目を手にして、菊花賞に向かうことができるか。鞍上は横山武史騎手。

 オーソクレース(牡3、美浦・久保田貴士厩舎)はマリアライトの初仔で、昨年デビュー2連勝、ホープフルSで2着と活躍。その後怪我により春を棒に振ってしまったが、ここで約9か月ぶりの実戦を迎える。幸先良い再スタートを切れるかどうか注目したい。鞍上はC.ルメール騎手。

 その他、古馬相手の1・2勝クラスをいずれも圧勝したソーヴァリアント(牡3、美浦・大竹正博厩舎)、京都新聞杯の2着馬ルペルカーリア(牡3、栗東・友道康夫厩舎)、今年のスプリングS勝ち馬ヴィクティファルス(牡3、栗東・池添学厩舎)、京成杯勝ち馬グラティアス(牡3、美浦・加藤征弘厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

関連リンク

  • 9/13 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます