竹内由恵、「ファーストキスの思い出」公開に“冷ややかな声”続出のワケ

拡大画像を見る

 良かれと思ってのエピソードが披露が完全に裏目!?

 元テレビ朝日アナウンサーで現在フリーアナの竹内由恵が9月6日放送の「痛快TV スカッとジャパンSP」(フジテレビ系)に出演。“悲惨だったファーストキスの思い出”について語っている。

 番組では竹内のファーストキスのエピソードを再現ドラマで紹介。何でも、ファーストキスは中学2年生の頃で、当時、竹内はイギリス・ロンドンの日本人学校に通っており、日本人のクラスメートに「オレとデートしよう」と誘われたとのこと。

 この誘いに竹内は軽い気持ちでOKを出したものの、いざデートに臨むと待ち合わせ場所に現れたそのクラスメートは「今日のデートよろしくね」と挨拶すると、いきなり竹内の口にキスをしてくるというとんでもないアクションを起こしてきたのだとか。

 当然、竹内としてはショッキングな出来事と認識しているようで、その後のデートはクラスメートと2メートルは距離をとって、やり過ごしたとか。また、後日、そのクラスメートに彼女ができたようで、電話で「今日は謝らなきゃいけないことがある。隣のクラスの子と付き合う事になった。ソーリー。今まで楽しかったよ」と伝えられ、あたかも付き合っていたように処理されたうえに、勝手にフラれた形になっていたことでモヤモヤした気持ちを抱えたようだ。

 そんな“彼氏ヅラをしてきた男”との最悪なファーストキスの思い出を明かした竹内だが、世間からは「アナウンサーのプライベートとかどうでもええだろ。黙ってニュースを伝えてくれ」「子ども生まれたばかりでそんなにプライベートを切り売りしなくても…」「夫が嫌な気分になるだろうにやめておけばいいのに…」などといった声も見受けられ、その反応は冷ややかなモノとなっている。

「タレントならともかくアナウンサーのプライベートは知りたくないという人も一定数おり、アナウンサーの結婚報告等に関してもそこまで興味を持っていないという人が多いのがリアルではあります。また、竹内は19年に医師の一般男性と結婚し、今年2月に第一子が誕生したばかりとあって、このタイミングで過去の恋愛系エピソードを披露しなくてもという意見もあるようです」(エンタメ誌ライター)

 プロ野球の片岡治大やサッカーの香川真司、プロバスケの田臥勇太など、様々なお相手と熱愛が報じられてきた竹内。世間がそれを求めているかは何とも言えないが、まだまだ恋愛エピソードのストックは残していそうだ。

(田中康)

関連リンク

  • 9/13 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます