GACKTファン「支配者がガクトを消そうとしていた」 コロナ発言で陰謀論が噴出中

拡大画像を見る


 歌手のGACKTが、活動を無期限休止すると発表した。筆者がツイッターでこの発表を予告したのは前日で、先に音楽関係者から話を聞いていた。

「8月上旬にキプロスから帰国後、 持病の神経系疾患が悪化、一時は命に関わる重篤だった」というのは後の公式発表と同じだったが、ある人物からは「GACKTが世界に支配者にとって都合の悪いことを言ったために消されかけた」 というトンデモ話が聞かれた。

 この人物はGACKTの熱狂的なファンでもある実業家の女性で、 過去にGACKTのイベントに会社名義の献花をしたことがある後援者だが、最近は新型コロナウイルスのワクチンを「陰謀」とし、 「世界の支配者たちが、ただの風邪をPCR検査で偽装して重病っぽく捏造してワクチンを打たせるよう誘導した。ワクチンは人口を 削減するために作られた毒で3年か5年ぐらいすれば世界中で人が死に絶える」と言っている。筆者がそれを「非科学的なトンデモ話」と失笑しても、「そう思って当然」 と怒らない。

「だって一部の賢者しか気付かないことだから。凡人にいくら言ってもダメなの。昔、地球が丸いと言っても信じない人がいたのと同じでね」

 女性はGACKTがその賢者のひとりで、真実を動画配信などでフ ァンに伝えているために命を狙われたと言っている。女性は最近、 GACKTと直接連絡はしていないが、その理由は「私がワクチン 反対デモをしている人間で政府から狙われているので迷惑はかけら れないから」だと言う。

 GACKTは最近になって急に新型コロナに対する姿勢を変えた人 物として知られる。昨年4月、マレーシアから日本のテレビ番組に リモート出演した際は、現地の厳しいロックダウン対応を伝え、 日本の対応を「危機感が足りない」と批判。「自分たちは大丈夫っ ていう気持ちで行動される方が感染を広げている」と言っていたのだが、今年5月の配信では「コロナは風邪」に変化 。「世界的な仕掛けがありますよね。誰が得してるかって話なんですけど、どの国が儲かっているか考えてみてください」と陰謀論を示唆していた。

「そもそも10代は誰も死んでないんですよ。それなのに、なんで ワクチンを12歳以上にするんですか。どう考えても変です。 逆に安全という根拠はどこにあるんですか」(動画番組より)

 年齢の制限や安全の根拠、危険リスクなどは厚生労働省や製薬会社 、専門家からも再三、説明されており、 そこを踏まえた突っ込んだ意見のないまま、浅い疑問だけ持ち出し て「どう考えても」と言っているのが奇妙なのだが、前出女性は「 彼も深くは言えないんです。殺されるから」と擁護する。



「それよりも大事なのはGACKTさんが真実に気付いてくれたこと、それは飛び上がるほど嬉しかった。今回、命を狙われた真相も 彼は表立っては言えなくて、持病とウソをつくしかなかったんだと 思います。彼の影響力が大きいので世界の支配者にとって一番危険な存在で、海外で治療するのも逃げないと危ないからです。 マレーシア、キプロス、マルタ、複数の地をまわっているのも支配者に追われないためですから」

 GACKTの影響力が大きいのはたしかで、動画を見たファンから は「ワクチン打つのやめます!」とか「ガックンが言うなら信用で きる」などの反響があった。前出女性のみならず、 ツイッターでも「日本に帰ってからすぐ体調が悪くなったのは、明 らかにGACKTの発信が困る人たちの暗殺未遂」と書いている人 もいる。

 ただ、GACKTといえば、何が本当で何がウソか分からない人物 。プロフィールに詐称が指摘されたり、過去の発言と矛盾する言動 も多々。最近では仮想通貨スピンドルを大々的に推薦していた売り 文句の違法性が報じられたが、いまでは一切、その通貨について触 れなくなった。彼が一転して「コロナは風邪だ」と言い出しても、 いつもの奇妙な言動のひとつにしか見えず、病名の公表もなく、な ぜか「主治医が海外」と言っていることから「実はコロナ感染して 重症化し格好がつかないだけでは」と疑う声も少なくない。

 それでも前出女性は、最近SNSでワクチン効果を否定していなが ら感染死した落語家について「 あれも暗殺だとGACKTさんは分かっているはず」とし、「だから、彼はこれから命を懸けて真実を配信していく覚悟では」と 言っている。本当にそうならば配信の内容もより真に迫った内容に なっていくはずだが…。

  • 9/12 7:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ***

    9/19 17:36

    消すとはどういう事か?業界から消す事か?それとも殺害する事か?後者なら犯罪だから警察やろ?

記事の無断転載を禁じます