意中の彼をドキドキさせよう♡「LINEのやりとり」4選って?

拡大画像を見る


気になっている意中の彼とLINEのやりとりをするとき、ついドキドキしてぎこちない内容になってしまうことも多いもの。
LINEのやりとりひとつで、彼をドキドキさせて距離を縮めることができます!


さりげなくハートを使う

LINEのやりとりの合間で、ところどころにハートマークを入れてみると男性は嬉しいものです。
そして、相手の女性のことを少し意識するようになるもの。とは言っても、多用し過ぎるのは絶対にNGです。ハートマークのスタンプは存在感がありすぎるので、絵文字でたまに入れる程度がベスト。


「ちょうどLINEしようとしてたところ!」と伝える

彼からLINEが来た時「今私もちょうど、〇〇くんにLINEをしようとしていたところなの!」と送るだけで、相手は嬉しく感じるもの。
通じ合っているような気持ちにもなれますし、自分にLINEを送ってくれようとしていたんだな......と感じるはずです。
もちろんこの方法も、毎回言ってしまうと逆効果なので、たまに使える技だと思っておいてくださいね。


「〇〇くんとLINEしてると楽しい!」と伝える

LINEをしている最中や、LINEのやりとりを終わらせる時などに、さりげなく「〇〇くんとLINEしてると楽しいな♪」などと送ってみましょう。
男性は「一緒にいると楽しい」や「話をしていると楽しい」と言われるとそれだけで嬉しいですし、ドキドキするもの。
「楽しいからまたLINEしてもいい?」などと、次に繋げるような伝え方をするのも効果的です。


スタンプでさりげなく気持ちを伝える

スタンプを多用し過ぎるのはNGですが、会話の合間に可愛らしいスタンプを使ってみたり、恥ずかしそうにしている気持ちが伝わるスタンプを送るのは効果的。
ドキドキしているような気持ちが伝わるものであったり、LINEをしていて楽しいと感じるようなスタンプでさりげなく感情表現をしてみましょう。
時にはちょっとギャップを感じさせるような、面白系のスタンプを送ってみるのもおすすめです。


LINEのやりとりで彼をドキドキさせよう!

LINEは、意中の彼との距離を縮めるのに最適なコンテンツです。スタンプや絵文字などを上手に利用して、彼をドキドキさせましょう!
もちろん、スタンプだけに頼らずに好きならば「好き」と思い切って言葉で伝えることも大切です。是非試してみてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/13 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます