【4項目で確認】無意識に傷つけているかも…あなたの「自己中度」チェック

自己中な人が周りに一人でもいると、あまりの空気の読めなさに苦笑いしてしまうことも……。
本人が無自覚であるように、実は自分が知らないところで自己中っぷりを発揮していませんか?

今回は、無意識に傷つけているかもしれない「自己中チェック」を作ってみました。

(1)自分の主張を真っ先に言う



自己中な人は、相手の意見を聞く前に自分の意見を主張します。
相手が大人しいタイプであればあるほど主張が激しくなり、最終的には自分の意見通りになるケースがほとんど。

「私の意見が一番正しい!」と自信を持っているので、周囲は波風立たせないように従うしかないのです。

(2)人に指摘されると反論してしまう



プライドが高い自己中さんは、他人に注意されるとすぐ反論します。
自分が一番だと思っているので、他人の意見を受け入れられず、周囲が他人の意見に賛同すると不機嫌になります。

「でも」「だって」「しかし」というワードをよく使う人は、要注意ですよ。

(3)自分と違う行動をする人を小馬鹿にする



自分の中でありえない行動をとる人を、「なんでそうなるの?」と小馬鹿にするのも、自己中度が高い証拠です。
もしかすると、自分の行動が間違っている可能性があるのに、その考え方ができません。

自分より優れていないと判断した相手には、見下す態度を取りがちです。

(4)他人と同じペースで行動できない



自己中さんは、集団行動が苦手です。
周囲と同じペースで行動できず、すぐ自分勝手に行動して迷惑をかけてしまいます。

空気を読めない行動が続くと、人が離れていき「1匹狼」になりやすいので要注意です。


自己中かどうか判断するためには、日頃から自分の行動を振り返るのが大切です。
その日の夜に今日の自分の行動を紙に書いて、相手を傷つける行動をしていないかチェックすると、自己中度が下がっていくでしょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/12 21:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます