北海道産銘柄豚を堪能!「こだわりとんかつ かつ時」で『ルスツ羊蹄ぶた』フェア開催


「こだわりとんかつ かつ時」は、豊橋店を除く各店舗にて、9月7日(火)より北海道産銘柄豚『ルスツ羊蹄(ようてい)ぶた』フェアを開始している。

素材と調理にこだわり続ける「かつ時」


素材と調理にこだわり続け20余年、旨い「とんかつ」を多くの人に届けたいという気持ちで追求し続けてきたとんかつ専門店の「かつ時」。同社のとんかつは、オリジナルソース、厳選した優しい食感のオリジナル生パン粉、新鮮な菜種油、穀物育ちでジューシーな柔らかい豚肉、さらに余熱で仕上げる熟年の職人技が特徴だ。

日本各地にはまだまだあまり知られていない旨い豚肉があるということで、同社は2019年度より日本全国の農場をめぐり、とんかつに合う銘柄豚を探すことを始めた。北海道編・余市町産「北島麦豚」や、網走「知床ポーク」などのフェアも最大約10,000食販売するなど、プチ贅沢需要として好調な販売となっている。

北海道の銘柄豚『ルスツ羊蹄ぶた』フェア


2021年度第二弾の銘柄豚フェアで販売する『ルスツ羊蹄ぶた』は、日本有数の清流で知られる北海道・羊蹄山の山麓ののどかな環境で健康的に育てられたこだわりの銘柄豚だ。臭みが少なく素直な肉質は、オレイン酸を多く含み口の中で旨みが広がる。


メニューには、「ルスツ羊蹄ぶたプレミアムとんかつ&サーモンクリームチーズフライ定食」1,690円(税込)のほか、「ルスツ羊蹄ぶたプレミアムとんかつ定食(100g)」1,490円(税込)などが登場し、定食にはご飯・味噌汁・漬物が付く。ご飯・味噌汁・キャベツはお替り自由だ。


各店舗では、新型コロナウイルス感染症予防対策も行っている。

なかなか旅行に行きづらい昨今だからこそ、地元で各地の美食を堪能してみては。

画像をもっと見る

  • 9/12 1:02
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます