フジテレビ『ナイト・ドクター』第10話・キンプリ岸優太本人の人柄にかぶる「深澤の懸命さと表情」

拡大画像を見る

ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の10話は、ナイト・ドクターとしての理念や救急医としての情熱を見せつけられた。すべての命を助けられない悲しみがある一方で、受け入れられる命があるなら一人でも多く受け入れたい、受け入れた上でどうすれば運用可能かを考えたいという強い思いに心が震えた。

■ 節電隊長を任命された深澤の長い夜

 台風接近による雷雨の影響で、あさひ海浜病院の周辺一帯が大規模停電になってしまう。本郷(沢村一樹/53)から“節電隊長”を任命された深澤(岸優太/25)は、病院内の節電のために医局やスタッフステーションで使用していない機器をコンセントから抜くこと、廊下階段トイレなどの使用していない場所すべてのスイッチを切るよう指令される。それもエレベーターの使用は禁じられたから階段で回るしかない。深澤は真面目だから、言われた通りエレベーターは使用しないし、階段は一段抜かしで一気に駆け上がる。廊下もバタバタと足音を立てることなく素早く回るし、消灯ルートにも無駄がないように見えた。

 すべての消灯を完了して戻ってきたのも束の間、本郷から使用していない医療機器の電源を落としてくるよう追加で指令が下った。再び階段を駆け上がる深澤が少々気の毒で、でも文句を言いながらも懐中電灯を片手に走る姿を見ると、頑張ってほしいと応援したくなってしまう。

 この一生懸命さは演じる岸にも通じていて、バラエティ番組などでゲストと対決した際にゴールポイントを間違えてしまったり、トークタイムで話の本筋から脱線してしまった時に見せる表情と重なって見える。少し悔しそうで、でも清々しい笑顔で周囲の人たちに合わせて空気を明るくしていくよさがある。穏やかな人柄に誰もが安心するのだ。

■真のヒーローは深夜に闘い静かに立ち去る

 厳しい一夜を乗り越えた、美月(波瑠/30)、成瀬(田中圭/36)、深澤、高岡(岡崎紗絵/25)、桜庭(北村匠海/23)の疲労は相当なものだっただろう。日勤のドクターに簡単な申し送りをした後に帰宅する姿はまさにヒーローのようだった。まぶしい朝日を浴びながら、充実した表情で病院を後にするのがカッコいいし、救命救急センター長が出勤時にベッドにいる患者から受けた拍手喝采は、ナイト・ドクターであるこの5人とナースたちに贈られたものだ。

 無事に朝を迎えることができた患者たちの笑顔を見せてあげたかったし、逆に、奔走したスタッフたちの姿を患者の皆さんに教えてあげたい気持ちになった。しかし、そういう役は日勤の医師が享受するもので、彼らにはない。褒めそやされたくて仕事をしているわけではないところにグッとくる。

 ところで、走りまくっている深澤は、心美(原菜乃華/18)の病室にも立ち寄っただろうか。一刻も無駄にできない状況とはいえ、心配で少し顔を見に来た程度の描写が数秒でいいからほしかった。心美の笑顔があれば生きていける深澤のことだ、きっと見に行っただろうと想像でシーンを補完することにした。

 それにしても、深澤は相当体力を消耗したことだろう。疲労でベッドに倒れこんだ深澤には心からお疲れさまでしたと言ってあげたいし、泥のように眠っている上から柔らかくてあたたかい布団を掛けてあげたい気持ちになった。

■ナイト・ドクター制度がもたらすものとは

 深夜に病院に運ばれてくる人たちは、事故や急病によるものだけではない。今回のように、電気を使った医療機器が命綱の人たちにとって、停電になった時の不安は計り知れないだろう。自宅で、小さな病院で、真っ暗な闇の中で震えるような思いを救ってくれたのは、あさひ海浜病院であり、勤務する人たちの情熱だ。救命救急は、患者の状態によって適切な判断と処置をすることで命を救うこと。それが深夜になると、当直という形で若い研修医や内科の医師以外は不在になることで途端に受け入れが難しくなるのが現状だ。

 それを改善すべく、本郷はニューヨークから帰国して指導医として勤務し、美月、成瀬、深澤、高岡、桜庭の5人も志を高く持って仕事をしている。しかし、病院経営の目線になると、赤字だからチームは解散になるという。夜間の救急外来などは、赤字覚悟で始めた制度だったのではないだろうか。一般の会社でも同様だが、いつまでも同じメンバーで仕事ができる約束や保証がないのは理解できる。それぞれ生き方や考え方が変わることもあるし、離れることもあるだろう。

 だけど、メンバー個々のスキルも上がってきてチームが成長しているのを見ると残念でならない。そして、本郷が5人に判断を任せているのが気になる。本郷は去ることになれば単純に人件費が削減されるだろうが、それが理由で病院を去るというなら寂しさが募る。次回はいよいよ最終話、どんな結末になるのだろう。

(文・青石 爽)

『ナイト・ドクター』は、夜間救急専門の「ナイト・ドクター」として勤務する医師たちを描いたオリジナル脚本。柏桜会あさひ海浜病院は『365日24時間、どんな患者も断らない医療』を目指し、崩壊寸前の救急医療を立て直すべく、新たな働き方として夜間救急専門のチームを設立することになり、救命に情熱を持っている朝倉美月(波瑠/30)、美月の先輩救命医で現実主義の成瀬暁人(田中圭/36)、元内科医で病気がちな妹を大切に思う深澤新(岸優太/25)、研修医上がりでムードメーカーの桜庭瞬(北村匠海/23)、仕事もプライベートも完璧な高岡幸保(岡崎紗絵/25)、技術も皮肉も一流で指導医の本郷亨(沢村一樹/53)といった、年齢も性格も価値観も全く異なる医師たちが奮闘する青春群像医療ドラマである。

関連リンク

  • 9/12 21:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます