『梨泰院クラス』パク・ソジュン「誰か分からないレベル」の“顔面激変”にも「さすが!」の声【画像】

拡大画像を見る

  韓国ドラマ『梨泰院クラス』の大ヒットで日本でも人気俳優の仲間入りをはたしたパク・ソジュンが9月10日、自身のインスタグラムを更新。鏡に映った自身を撮影したセルフィ―が話題になっている。

「ソジュンは2020年に放送された『梨泰院クラス』以降も、映画『ドリーム』『コンクリートユートピア』の2作品への出演を決め、すでに撮影を終えるなど、精力的に撮影に挑んでいます。

 その後の動向が噂されるなか、米国の大手映画制作会社が手がける映画『ザ・マーベルズ』への出演が決まったことを9月3日、ソジュンの所属事務所が正式に発表。そしてこの日、ソジュンが韓国の仁川国際空港に姿を現し、撮影に参加するために出国したとの情報を複数の韓国メディアが伝えたのです」(情報誌記者)

 ソジュンにとってはこれがハリウッド作品への初参加となるだけに報道も過熱気味だが、彼がどんな役柄を演じるのか、また撮影地や撮影期間などの詳細は今のところ正式には発表されていない。

「9月10日には、ソジュンが自身のインスタグラムを更新し、近況をアップしました。日本時間10日の早朝には『Before sunset』のコメントともに、窓の外に映る夕焼けの景色をアップ。またその9時間後には、『Morning』の書き込みとともに、ホテルらしき部屋の鏡に映る自身の全身画像を公開したのです」(前出の情報誌記者)

 このソジュンの全身画像を見たファンたちからはさまざまな声が寄せられた。

「ファンたちからは“おはよう”“昨日の景色はひょっとしてロンドン?”“近況を上げてくれるの嬉しい”“撮影がんばってね”などの声が多数上がっていましたが、なかには“雰囲気変わったね”“誰だか分かんなかった!”“髪型?痩せた?”など、ソジュンの変化に驚くファンの声も。

 たしかに、サングラスをかけているせいもあるかもしれませんが、ぱっと見ただけではソジュンだとは分からないほどのイメージチェンジをとげていたのです」(前同)

 しかし「この変化もソジュンらしい」と、前出の情報誌記者が明かしてくれた。

「ソジュンは、人気ドラマ『彼女はキレイだった』『キム秘書はいったい、なぜ?』などのラブコメから『花郎(ファラン)』のような時代劇、そして『梨泰院クラス』のようなヒューマンドラマまで、幅広い作品に出演してきました。そして彼は“憑依型”の実力派俳優でもあるので、演じる役柄によって彼自身のイメージや雰囲気までもががらりと変わってしまうのです。

 これから撮影に入る映画『ザ・マーベルズ』でソジュンがどんな役柄を演じるのか、まだ正式発表はされていませんが、今回も役柄に合わせてのイメージチェンジかもしれない彼に、ファンたちは驚きながらも、“さすがソジュン”と言った声も聞こえましたよ」

 自身初のハリウッド映画でいったいどんな人物を演じることになるのか、正式発表が楽しみだ。

関連リンク

  • 9/12 12:00
  • 日刊大衆

今、あなたにおすすめ

記事の無断転載を禁じます