糸井重里氏、ウーバー配達員の“衛生ルール”への投稿に賛否の声

拡大画像を見る

 コピーライターの糸井重里氏が8月31日に投稿した、宅配代行サービス「Uber Eats」(ウーバーイーツ)の配達員に関するツイートが大きな波紋を広げている。

 糸井氏は「ウーバーイーツ?って頼んだことないんだけど」と書き出し「配達してくれる人の服装の清潔感とかサンダル履き禁止とか自転車の汚れ方とかについてのルールはないみたいだね」と投稿。食べ物を運ぶ上で、配達員に十分な衛生ルールが敷かれていない点を指摘したところ、コロナ禍で宅配ブームが巻き起こっていることもあり、「糸井さん‥‥がっかりしました」「最低限の清潔さは必要だと思いますが、1件運んで300円の現状を知ってますか?」「利用したこともないのに配達員を一括りにして印象悪くなるような発信されるのは悲しいですね」「台風の日だって運んでくれるんですよ」「何様なんだよ」などと苦言が殺到する事態に。

 しかし、飲食を扱う仕事である以上、最低限の身なりや清潔さを担保する必要があると、間接的に示唆した糸井氏のツイートには同調する声も多く集まっている。

「同氏は『頼んだことないんだけど』と明かしていることから、街中でウーバーイーツ配達員を見かけた際の印象を述べたのでしょうが、自分の口に入れるものを“汗だくの配達員”に運んでほしくないとする考え方は、過去にお笑いタレントの今田耕司もバラエティ番組の中で嘆いています。6月17日放送の『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)にて、共演者から『出前とかしないんですか? ウーバー(イーツ)的な』と聞かれた今田は、『夏、ものすごい暑い時、汗だくの汚い配達している人を見た時にイヤやなって思って』とコメント。極端な潔癖症で知られる今田ですが、ネットでは『テレビなんだからもうちょっといい言い方があると思う』『夏場に自転車でモノを運んでたら汗だくになるのは仕方ないのでは?』とする声や、『俺もウーバーイーツでは頼んだことない。理由は一緒』『今田さんは絶対に謝罪や発言撤回をしないでほしい。これ何も間違ってないから』との指摘もありました。

 詰まるところ、それでも利用したいという人がそうした宅配サービスを利用すればいい話なのですが、今回の糸井氏のツイートは食べ物を運ぶ際の衛生に関する“ルールがないみたいだね”と指摘するに留まっており、ネットでは擁護する声が大半に。具体的には『何様と言ってる人は仮に配達を頼んだ時、汗だくのシャツとサンダルの出立ちで配達員が来たらどう思うか想像してみるといいかなと』『どんな職業でも清潔感のない人は嫌だよ。当たり前のことでしょ』『糸井さんは全然悪くない。清潔感がないとまた注文しようと思わなくなるし、ウーバーにとっても不利益。そこはちゃんとウーバー側が考えないといけない』といったコメントが並んでいます」(テレビ誌ライター)

 糸井氏のツイッターアカウントには228万人ものフォロワーがおり、具体的なサービス名を言及してしまったことは反感を集めた原因の一つだったと言えるかもしれない。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 9/12 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 汗以上に服装の清潔感のトータル印象なんだろなあ!?※、髪型や服の洗濯度合いやら?!、汗そのものは仕方ないもん!※、厨房だって混む時間は汗かくし!中華の厨房はまさに汗だくだと思う※、服装がちゃんとしてれば汗はむしろ「自分が食べる料理のためにこんなに頑張ってくれてる!」って感謝やリスペクトを感じる人も有るはずだから※、まあどっちも素直な感想で良い悪いじゃなくて!個人の印象の多様性だね◎※

記事の無断転載を禁じます