【瀧内公美インタビュー】新しい役に出会いたいと思って挑戦した『由宇子の天秤』

拡大画像を見る

息もつけないほどの緊迫と衝撃に世界の映画祭を席巻した『由宇子の天秤』が9月17日(金)から公開されます。正義感あふれる自立した女性がやがて思わぬ窮地に追い込まれていく様を、圧倒的存在感で見事に演じきった主演の瀧内公美さんが作品に対する意気込みと現場での様子を語ってくれました。

<作品概要>

女子高生いじめ自殺事件の真相を追うドキュメンタリーディレクターの由宇子が父から衝撃の事実を聞き、究極の選択を迫られることになる。

監督・脚本は、デビュー作『かぞくへ』が高く評価される春本雄二郎。超情報化社会を生きる私たちが抱える問題や矛盾を真正面から炙り出した。

長編アニメーション『この世界の(さらに いくつもの)片隅に』の片渕須直がプロデューサーとして参加している。

主人公の由宇子を演じるのは、『火口のふたり』でキネマ旬報ベスト・テン主演女優賞に輝き、本作でラス・パルマス国際映画祭最優秀女優賞に輝いた瀧内公美。

シリアスな役もコミカルな役もこなすバイプレーヤーとして知られる光石研、『佐々木、イン、マイマイン』の河合優実、『かぞくへ』の梅田誠弘が脇を固める。

<あらすじ>

3年前に起きた女子高生いじめ自殺事件を追うドキュメンタリーディレクターの由宇子(瀧内公美)は、テレビ局の方針と対立を繰り返しながらも事件の真相に迫りつつあった。そんな時、学習塾を経営する父・政志(光石研)から思いもよらぬ〝衝撃の事実〞を聞かされる。大切なものを守りたい。しかしそれは同時に自分の「正義」を揺るがすことになる。果たして「〝正しさ〞とは何なのか?」。真実を明らかにしたいという信念に突き動かされてきた由宇子は、究極の選択を迫られる。

ドキュメンタリーディレクターとしての自分と、一人の人間としての自分。その狭間で激しく揺れ動き、迷い苦しみながらもドキュメンタリーを世に送り出すべく突き進む由宇子。彼女を最後に待ち受けていたものとは?

リハーサルの段階で1枚の画に近づいていく感じがした

――瀧内さんは監督の前作『かぞくへ』をご覧になり、出演を希望されたそうですね。

『かぞくへ』は脚本もキャラクターもしっかり構成されていて、登場人物がひとりひとり多面的に描かれていたのです。新しい役柄に挑戦したいと思っていたので,この方と組んだら、自分の中で何か化学反応が起こりそうだなと感じました。

実際に監督とお会いしたところ、非常に細やかな部分まで考えておられ、私の疑問に対しては理路整然と答えてくださったので、ぜひこの方の作品に出てみたいと思いました。

――脚本を読んでいかがでしたか。

自分がやったことがないキャラクターがやってきたなと思いました。描いていることは難しいけれど、これをやり切ったら私自身が次のステップに進み、フィルモグラフィに違ったものが増えていくのではないかと感じました。

©2020 映画工房春組 合同会社

――演じられた由宇子という役は難しい役どころですよね。プレッシャーはありませんでしたか。

題材が難しいので、脚本を一読しただけでは由宇子をどう捉えればいいのか分からず、監督にどう提示しようかと悩みました。

しかし、作品はみんなで作っていくもの。演出が脚本の中に事細かく書かれていましたし、2週間ほどのリハーサルがあり、監督がそこで細やかに指示してくれました。トライ&エラーは繰り返したものの、プレッシャーはありませんでした。

――具体的にどのような演出があったのでしょうか。

声のトーン、目線の送り方、顔の角度といった細かなことまで演出していただきました。入ってくる順番、立ち位置なども決まっていて、それで関係性が見えてくるのです。リハーサルの段階でカメラの位置も決まっていて、監督の中で描こうとしている1枚の画に近づいていく感じがしました。

©2020 映画工房春組 合同会社

――リハーサルで細かく演出が入ったことで、これなら演じられるという手応えが得られましたか。

テイクを重ねていくとものすごく細かくなっていくので、むしろ“リハーサルと同じものが出せるか”という不安がありました。「リハーサル室の2回目の芝居がよかったんです」と言われても、すぐには思い出せないんですよ。“あのときの体調はどうだったのか”といった体で覚えている部分をきっかけに必死に引っ張り出していく感じでした。

――それはハードな現場でしたね。

2時間30分ほどある作品ですから、脚本のページ数も多い。撮影日数が2週間くらいだったので、きつい日は1日で20ページくらい撮らないといけませんでした。とにかく最後まで撮り切るために必死でしたね。それでも、やることはやってきましたし、一緒に作り上げてくださる心強い共演者とスタッフの方々がいらっしゃるので、乗り切れました。

©2020 映画工房春組 合同会社

作品を経験して表現の幅が広がった気がする

――由宇子はドキュメンタリーディレクターということで、ご自身でカメラを回すこともありました。事前に扱い方を練習されたのでしょうか。

監督が脚本を書かれる際に取材されたドキュメンタリージャパンの方をご紹介いただいて、取材やインタビューについてお話を伺いました。カメラに関しては小道具をお借りして、実際に扱ってみました。意外に重いんですよ、カメラって。YouTubeにドキュメンタリーを撮っている動画が上がっていたので、それも参考にしました。

©2020 映画工房春組 合同会社

――今回演じる上で特に難しかったシーンはどちらでしょうか。

父親と対立して、スマホのカメラを向けるシーンです。監督からは気持ちを抑えてくださいと言われていましたが、負荷がかかってくるとしんどくて抑えきれないときがありました。

©2020 映画工房春組 合同会社

――役になりきって父親に対する怒りがこみあげてきてしまったんですね。

怒りというより困惑でしたね。自分の選択がいつもの自分なら正しくないことが自分でもわかっている。でも、今の自分の中ではこれが正しいとしていることに困惑してしまったのです。監督に声のトーンなど細かく演出してもらうことで演じられました。

©2020 映画工房春組 合同会社

――ここまで細やかに演出されることはこれまでにありましたか。

初めてです。自分はどう感じているかを持つことは大事ですし、持たなくてはいけないと思います。しかし、自分で作り切らずに余白を残しておけば、演出によってさらにいろんな発想が広がっていく可能性があることを実感しました。この作品を経験して表現の幅が広がった気がします。


©2020 映画工房春組 合同会社

作品を観て“正しさとは何なのか”を考えさせられた

――完成した作品をご覧になっていかがでしたか。

監督にも「どうでしたか?」と聞かれたのですが、すぐには答えられませんでした。どんどん展開するので情報量が多く、圧も掛かってくる。自分が演じていたのに台詞を聞き逃したりするくらい“正しさとは何なのか”を考えさせられたのです。「面白かった」とか「よかった」と安易に答えられなかった。もう一回見たいというのが率直な気持ちでした。反芻せざるを得ない、重みのある作品に仕上がっていましたね。

©2020 映画工房春組 合同会社

――これから作品をご覧になる方にひとことお願いします。

監督が前作『かぞくへ』よりも前に脚本を書き、思いが詰まっています。私は何か新しい役に出会いたいと思って挑戦し、新たな一面をお見せできたのではないかと思う自信作です。コロナ禍ですから劇場にお越しくださいとは言いにくいのですが、映画館で集中してご覧いただくのが向いている作品で、2時間半はあっという間で足をお運びいただけますと幸いです。

(取材・文:ほりきみき)

<プロフィール>

瀧内公美

©2020 映画工房春組 合同会社

1989年10月21日生まれ、富山県出身。
内田英治監督『グレイトフルデッド』(14)にて映画初主演。
『ソレダケ that’s it』(15/石井岳龍監督)、『日本で一番悪い奴ら』(16/白石和彌監督)など気鋭の監督作品を経て、2017年、廣木隆一監督『彼女の人生は間違いじゃない』に主演。日本映画プロフェッショナル大賞新人女優賞、全国映連賞女優賞を受賞。2019年には荒井晴彦監督『火口のふたり』でキネマ旬報主演女優賞、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞、その演技を高く評価される。ほか主な出演作に『アンダードッグ』(20/武正晴監督)、ドラマ「凪のお暇」(19/TBS)、「大豆田とわ子と三人の元夫」(21/KTV)など。来春、マーク・ギル監督『Ravens(原題)』のクランクインを控えている。

『由宇子の天秤』

©2020 映画工房春組 合同会社

第71回ベルリン国際映画祭 パノラマ部門正式出品
第25回釜山国際映画祭 ニューカレンツアワード受賞
第15回アジア・フィルム・アワード最優秀新人監督賞ノミネート
第4回平遥国際映画祭 審査員賞&観客賞W受賞
第20回ラス・パルマス国際映画祭 最優秀女優賞&CIMA審査員賞W受賞
第21回東京フィルメックス 学生審査員賞受賞
第23回台北映画祭インターナショナル・ニュータレント・コンペティション部門正式出品
第24回上海国際映画祭 パノラマ部門正式出品

出演:瀧内公美、河合優実、梅田誠弘、松浦祐也、和田光沙、池田良、木村知貴、前原滉、永瀬未留、河野宏紀、根矢涼香、川瀬陽太、丘みつ子、光石研
脚本・監督・編集:春本雄二郎
プロデューサー:春本雄二郎、松島哲也、片渕須直
撮影:野口健司  
照明:根本伸一  
録音・整音:小黒健太郎  
音響効果:松浦大樹
美術:相馬直樹  
装飾:中島明日香  
小道具:福田弥生 
衣裳:星野和美 
ヘアメイク:原田ゆかり
製作:映画「由宇子の天秤」製作委員会
製作協力:高崎フィルム・コミッション
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
配給:ビターズ・エンド
2020/日本/152 分/カラー/5.1ch/1:2.35/DCP
©2020 映画工房春組 合同会社
9月17日(金)渋谷ユーロスペース他全国順次ロードショー

関連リンク

  • 9/11 8:30
  • 映画board

スポンサーリンク

ニューストップへ戻る

記事の無断転載を禁じます